農業ファッション ファッションから農をつなぐお手伝い

日々、少しづつA-rueのウェブサイトを少しづつ修正中〜
これからイチゴシーズンに突入なのでトップページはイチゴ農家さんの写真にしました。
華やかになりました〜♥

モデルは隣町のつづく農園さん(茨城県常陸大宮市のイチゴ農家さん)です。

農業ファッション




つづく農園さんは私が移住したのと同時期に茨城県に移住されイチゴ農園を始めた農家さんなのです。
ご縁があって時々作業見学やモデルをお願いしている

これからスタートさせたい企画もあって、ご意見をいただきたく相談。

農業とファッション???

農業ファッションという言葉をよく思わない人もいるかもしれない。

農家さんは農産物で勝負してるし、私もデザイン業で暮らしている。

でも二つ繋げると違うジャンルの人たちにも興味を持っていただくキッカケが広がると思うんです。


イチゴを探している人がA-rueの作業服に興味を持ったり、
うちの作業服から農家さんを知っていただき、農産物の購入につなげられるように出来たら素敵だな〜と思っている。

今回は数日前にモデルお願いできないかな?とお願いし3日後に撮影。
撮影は10分で終わらせます!と言いつつ40分くらいお時間頂いてしまった(汗)

一緒に撮影できると、お互いのウェブサイトの写真を得ることができるし、
作業記録にもなるしお互いの販促写真にも使えるのです。

なのでお互い使えそうなシーンを考えてパパッと撮影
スマホだったり、一眼レフだったり、あるもので撮影。

A-rueのは服のアピールしたいからこんな写真。
農園での風景とコーデの写真


農業ファッション



つづく農園(イチゴ農園)のは、イチゴ畑や、作り手、作物が美しく見える写真
農業ファッション モデル:つづく農園さん



収穫のイメージ写真も欲しいな〜農園も見せたい。
農業ファッション モデル:つづく農園さん

普段、農家さんは作業中の写真など撮る時間もないし夫婦で農園やってる就農者さんも多いので
二人の写真を持っていない方も多いのです


こんな風にお互いの条件があったから撮影ができる。
出会えてよかった〜

本当な農産物について細かくご紹介できれば良いのですが
今は農家さんのサイトへの誘導の方が好ましいと思うのでリンクから飛んでください

つづく農園さんのサイトはこちらです


こうやって繋げるとアイキャッチ効果も倍増するのではないか?と思っている。

そう願いたいわ。


最近は町の祭りや収穫祭を見ていて、
あったらいいのにアイデアを閃いた。

簡単にできそうなので来年になったら少しづつ目に見える形にしたいなあ。


私は個人で作ってるからメーカーさんみたいに大きな投資が必要な事は出来ないけど、
個人だからできる事があると思うので、マイペースですが少しづつデザインを形にして生産者さんを繋げる仕組みを作りたいと思っています。








  1. 2017/11/17(金) 22:48:54|
  2. 農ファッション

お仕事環境の整理

昨年から少しづつお仕事環境の整理中

オンラインショップを始めてウェブのデザイン変更は2−3年に一度くらいやってるかも。
毎年毎年とネット環境やシステムが変わってくるし、合わせて変化させなくてはならないのでお勉強中。
ドメインもとって10年

現在はこんな感じで落ち着いている。←A-rue ロハス&農ファッションのサイト

おしゃれな農業ファッション


この前くらいのデザインからプロにお願いするようになった。
写真の入れ替えやページ追加したり一部修正など自分でできる所は自力で更新中。

思い出してみると最初にウェブサイトを自分で作ったのは1999年。
アップルのお古のハードをもらったのがきっかけでした。

使い方がわからなかったので、ビックカメラの店員さんに聞きながらモニター、プリンター、MO、モデムを買った。
この4点だけで50万円が消えたので昔はパソコンって高価だった。

買ってしまったのに使えないのは悔しいので
本屋で1週間でできるホームページとかいう本を使って作ってスタート。

あれから18年が経過し数年前からスマホが主流になってきて、
WEBサイトデザインもスマホ対応変更した。

通話通信環境も整理。
昨年からは日本でも海外でも携帯を変えたくないのでシムフリースマホを購入。

ドコモとお別れして回線はOCNモバイルONEに変更。
仕事電話番号は050番号にした。

仕事の電話は海外でも同じ番号で通話できる様になったし、
渡航先では現地シムを入れて使いっているので通話料も通信代も気にしなくなった

カード決算もいい加減入れなくてはと思っていたのですが、
ECカートを全部入れ替えることになりそうなので先にサイト全体のSSLの対応することにしました。

以前からもご注文入力に関係する部分はSSL暗号化されていますので、
心配になっちゃった方はご安心くださいね。
今までご注文いただいているお客様のデータは暗号化されてのお取引になっております。
ご安心くださいね。

今月はショッピング以外のWEBページ全体を暗号化するで予定なのでお勉強中。
今まで先延ばししてしまっていたので年内に終わらせたい。
ネットで調べていたら自分でもできそうだとわかった。

私の場合は自分でやるならサーバー推奨のSSL証明書を購入する必要があり、
決められたモノの中から選ばなくてはならない事がわかった。

サーバー経由で買うのと代理店で購入するのと何故こんなに値段に差があるのだろう?
同じメーカーの商品で同じ名前の製品で内容が変わるどう変わるの?
購入して使えなかったらどうしよう?

単語の意味すら不明だったので、調べたりサーバーに問い合わせたり、、、
同じメーカーの商品も販売元によって保障や内容だったり質が変わることもあると言われ
これもそれぞれに問い合わせ。

販売先に問い合わせたら自分でできそうだとわかって安心。
私が素人すぎて理解するのに時間もかかったけど今月中には完了できると思う。

現在はSNS、FCブログも SSL対応終了。

これが全部終わったら ECカートの入れ替えとともにカード決算も入れる予定です。
これは春までに終わらせる予定。

無料でできるサイトも多いけど、
個人的には自分のサイトを作ってもらってよかったと思っている。

ウェブデザイナーさんの代金って高いと思う人もいるとは思うけど、
内容によるのです。
やってみると時間かかるし対価だと思う。

自分がやりたいこと、見せたいこと、こだわりによって随分変わってくるんだと思う。

デザインってモノになって手元に残らないと払う価値がわかりにくいとは思うけれど
とても大切な部分なのです。

なんだか毎年年末は、サイト修正と在庫を増やすのに追われて過ごしているかも

今日はマイクロファイバーの帽子も出来上がったので友人が検品を手伝ってくれた。
合間に工場とカーゴ会社とやり取り、いろんな事が同時進行中。


12月はクリスマスイベントに出店する予定ができているのですが、
数日なのか数週間なのか予定が未定。

年内はバタバタと動きまわる事になりそうです。





















  1. 2017/11/07(火) 23:45:24|
  2. 農ファッション

パターン作り

今年の10月は雨が多いですね。
ここまで雨が続くと家庭菜園やガーデニング時間が減るのでデスクワークに励んでます。

今週はロハス&農ファッションの図面のお直し中。
エスニック衣料を作っていた時は毎年何十パターンも図面引いて作ってたのですが、
農ファッションにシフトしてから定番商品を確実に増やすモノつくりに変更しました。

定番品が増えて再販を続けていると、
手書き図面も痛んでくるので時々改良したり作り直して保管しておきます。

zumen.jpg


流行に左右されたり納期に振り回される事もなくなったのは良いことだと思う。
でも日本中心で作る事になったのでコストも上がる。

だから日本製の物はセールはできない。しない。
定番で勝負中です。

長く使っていただける &人の役にたつデザイン

働く時間は一生の中で長いのです。

だから、そんな時間にオシャレもしてほしい。

販売方法は自分で作ったオンラインショップのみ。

卸売をしない販売方法のため、
オンラインショップの他にはイベントに出店しWEBアドレスをプリントしたフライヤーを配りに参加してる。

販売方法は簡単に言うと卸価格で直売のみ。

1つのオンラインショップのみで直売だけにする事によって価格競争がない。
性質上、必要な人しか買わないのです。

だからご注文いただく方はネットで探してたどり着くという感じです。

有名な作業服メーカーさんも多いのにA-rueを選んで購入していただけてスゴク嬉しい。


始めた当初は『こんなに縫製代かかって大丈夫なのか?作業服でしょ。』
縫製工場さんに心配されたくらいだった。
その時工場の社長さんが相談にのって受けてくれたから今があります。


販路はすごーく狭いけど今のところは 直営のインターネットショップ のおかげで個人で対応できる。

日本製の商品が中心なので素材や縫製代も高額になってしまう。

でも現実的な販売価格になるように職人さんに相談し無理な提示はしない。
ダメなら素材を変えるなり別の物を考える。

届けたい相手に届けられる価格帯で販売できるように努力しています。

小売するとなると物流の流れやシステムもあって現在の2倍の価格で販売しなくてはならなくなるからね。
そうなると高額の作業服になってしまい届けたい相手に届ける事が出来なくなる。

作り始めた当初はこんなに欲しい人がいると思ってなかったのです。

自分は欲しいけど売ってないから作った。
知り合いの農家さんが欲しいのがないから作った。
これがスタートでした。

農ファッションのでデザインを始めて7年。
今はここまで進化してきましたよ

皆様のイイネだったり、メッセージだったり、ご注文が心の支えです。

今日もブログをチェックしてくれたり、
ご注文してくれた皆さんありがとうございます。

 



  1. 2017/10/21(土) 23:50:02|
  2. 農ファッション

協力隊にモデルやってもらっちゃった

今週は布探しで始まり、やっと追加分の反物をキープ!
年間を通してワークパンツはindigoカラーが人気があり
欠品中のサイズもあるので追加生産中。


秋に在庫を切らさないように早めに準備します。
個人的にはカーキやブラウンも新鮮なんだけどモデル撮影をしないと良さが伝わならないかも。


今日の写真は茨城県の城里町地域起こし協力隊の藤原さんの写真。ハイキング中に着ていただきました♪

城里町 協力隊


茨城県の城里町にある 鶏足山(けいそくさん) という山があり、
ハイキング時の写真です。

〇〇協力隊と最近よく耳にする方も多いと思いますが、城里町にも沢山いらっしゃる。


城里町地域おこし協力隊のサイト
http://shirosato-iro.com

藤原隊員のブログ
http://fujisano.hatenablog.com

私が田舎暮らししたいな〜って思った時、
こんなシステムがあったらスタートがスムーズだっただろうとも思う。

今後田舎移住を考えていて、募集要項があえばトライするのもいいかもしれない。
任期完了後の仕事や生活のイメージを持って選ぶと良いんだろうね。

色んな考えの人が入ってきて少しづつ何か変化していくといいな〜


地域おこし協力隊は全国で募集してるみたい
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/



インターネットによって田舎も都会も関係なく世界はとても近くなったのかもしれないですね。
私は田舎暮らしする前にインターネット環境をチェックして移住した。
事前に準備して引っ越したしインターネットの販路があるからモノつくりができてる。

やってみて思ったことは、発信を続けること。
探している人は探し出してくれるのです。

いつもご注文いただいたり、ブログや SNSで応援してくださる皆さんありがとうございます。

テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/06/08(木) 18:30:06|
  2. 農ファッション

シルクスクリーンでお洒落作業服!Tシャツ作ったよ

今年に新しく作ったTシャツ。シルクスクリーンも挑戦。
そしてコツコツと刷り続け、近所の農家さんにモデルもお願いして写真を撮影しました。

作ったものはオンラインショップで販売してます。


お洒落な農作業服(コラボTシャツ)

なんだかんだで1ヶ月くらいかかって3種類印刷し、
webページ作ったり合間にイベント出店したり、オンラインショップの出荷もあったり、農作業やったりで
この2ヶ月間は全力で走っていたような感じ

みなさんも家庭菜園や農作業など、準備でお忙しかった様に感じます。
A-rueの農業ファッションもオンシーズン。
ご注文ありがとございます。
(* ´ ▽ ` *)

農作業服

私も農作業中はアームカバーや日よけの帽子もしっかり被って作業してますよ。

このTシャツは脇にスリット。そして後の裾が長いデザインです。

草刈り作業中でも背中が出にくく、腰回りをカバーします。
お洒落な農作業服


猫ちゃんイラストも3種あります。
クリエーターのHUITさんのイラストを使わせていただきました。

お洒落な猫ちゃん柄から挑戦です。

これから色々と絵を描いたり、コラボしたり、アイテムも増やせたらいいな〜

日々コツコツと地道に制作活動してますよ。

前半は在庫作るだけで精一杯だった。
後半は新しいものを増やしたいな〜

モデルは茨城県のイチゴ農家(茨城県常陸大宮市)つづく農園さんです


  1. 2017/05/26(金) 22:10:03|
  2. 農ファッション
次のページ