夏野菜ポタジェ完成&草むしり

5月の連休明けに植えた夏野菜
仕事の合間にお世話をしてやっと収穫できるようになりました。
少しでも収穫できると嬉しいものですね。

ポタジェの見栄えが良くなったら農業ファッションの商品イメージ写真を撮りたいと思っていたのですが、
連日気温が30度超えてくると暑すぎて出来そうもない(苦笑)

ポタジェ


こうやって家庭菜園やってみるとレンタル畑が流行るのがわかる〜
だって楽しいんだもん。

農家さんの規模はとてもできないけど、
都会に長く住んでいる人たちの中には、週末だけでも栽培を楽しむ時間は貴重で贅沢と感る人が多いと思う。
私もその一人だった。

移住して農家さんを知りあったのがキッカケて始めたのが農業ファッションのデザインでした。
これは田舎に移住しなかったらデザインしようと思わなかったと思う。

最初はエプロンとアームカバーだけのつもりだったのに、どんどん増えてきちゃいました。
同じように、こんなのして作業したいと思っている方が増えてる証拠なんだな

最近は在庫を作るのに忙しく外出してないな〜

今日は先週からタグつけと検品作業がやっと終了。
そしてこれからアイロンしてパッキング作業が続きます。

まあストックルームに収めてしまえば発送だけなのでデザインにかける時間が増えるので頑張っていますよ。

この他にも田舎暮らしのお仕事
毎日コツコツとやらないと泣きをみるのが夏の草刈り作業でしょうか、、、、

田舎はどこからか雑草の種が飛んでくる。
風や野生動物やニャンコにくっついて種が持ち込まれる。

6月から9月の雑草の勢いは凄まじく、
憧れの田舎暮らしで苦労しているのが雑草との戦いです(笑)

移住した頃は半泣き&雑草に文句を言いながら草むしりしてました。

ここ数年は草とり作業時間を減らしたくてグランドカバーを色々と試していて、
今のところ植えてよかったものはクリーピングタイムと姫イワダレソウ
我が家には合ってるグランドカバーで植えてある場所の草刈りは合間に生えて草を抜く程度になっている。

写真のポタジェの足元に植えたのが姫イワダレソウです。
冬になると葉が枯れてしまうけど氷点下3−5度でも越冬できたグランドカバー

踏みつけると密に茂って育つ
隙間に雑草も生えてくるけど他の場所に比べると生える雑草が少ないかもしれない。

今年は少しづつ他の場所にもイワダレソウを移植して増やしています。


綺麗にして達成感があるのは数日で、1〜2週間したら草が目立ち始めるし、
草むしり範囲を1週すると元の場所に草が生えてる。。。。。(涙)

最初は大きな草だけとっていても、綺麗になると小さな草も気になりネバーエンディング草むしり。。。


お店に並んでる野菜や生産物を見ると改めてすごいな〜って感じるんですよ。
同じ条件でも大きな畑を管理し農作物を育て出荷する農家

いろんな工夫や苦労、そしてテクニックや経験によってお店に出せるようになった野菜や果物etc,,,
どんな天候や気候でもシッカリ育てて店に出せるのがプロ。

私の場合はダメなら買えばいいという素人栽培なので楽しいと言ってられるのです。

農家さんって畑のデザイナーだって感じる。
いろんな栽培方法があるけど、それぞれ独自のテクニックがあるし、
家庭菜園でも感じつけど、野菜作るのってクリエーティブな作業だと思っている。


















テーマ:暮らし・生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2017/07/19(水) 23:49:01|
  2. 栽培日記