Tシャツを作りたい。

全身まとめて購入したいというご意見もあったりで、
先月Tシャツを無地で作ってみた。
現在ここで立ち止まって勉強中

無地が良いという人もいるしプリントが良いという人もいる。
今まで試したことがないのでTシャツはシンプルだけど自分で使いたいものを作ってみた。

どのくらいの販売価格なら欲しいと思ってもらえるかな?

どのくらいの費用がかかるのか?

自分で絵を描くのか?

クリエーターさんとコラボが良いのか?

コラボでTシャツってコラボ作家さんに無理を言ってるんじゃないか?とか色々と考えてしまいます。

プリント業者に頼むとどのくらいかかる?のかは、
作ってから調べたけどロット数の問題が出てくる。

色々な絵で試してみたいなら製造枚数を増やすか自分で刷ってみるしかない。

初回はプリントの大きさも限られるのですが自分で刷ってみることにしました。

今日は頼んでいたシルクスクリーンのキッドが届いた。
やった事がないからカタログさえ新鮮。

インクの性質を読むところからスタート。
スクリーンプリントっ思っていたより、いろんな道具が必要なんだな〜

インク


まず自分で試してみたたらデザインの幅も広がるのかも知れないと思っています。

今までやった事がないから発見もあるかもしれないし、
やってみたらガッカリするかもしれない。
でもやらないと可能性がゼロになるので悩んだら試してみる。
毎回こんな感じです。

欲しい!と思ってもらえるような工夫や、
見せ方、売り方も考えなくちゃ。
難しいからヤル価値があると思っています。
諦める人が多いならできたら楽しいし嬉しい。

今日はカットソー専門の縫製工場さんを紹介していただき見学させていただきました。

Tシャツ以外で何か作ることができれば国産でもニット工場さんと一緒に何か道が開けるんじゃないか?と思ったんです。
このタイミングでの出会いも何かのご縁かな?

まだまだモヤっとしてますが、工場を見たいと思ったので今後やりたい何かが心の中で感じとっているのかも。

プリントを勉強している間にに答えが出るんじゃないかとも思っています。
日本の縫製工場も減ってきていて、オーナーさんとお話していて考えさせられる事も多いです。

どうやったら良いモノができて、良いお付き合いができて、
仕事として続けられるかを考えないとスタート地点にもたてない。

Tシャツに関しては諦める人が多いのもわかる気がしました。
理由を聞くとそうだよな〜とも思う。

どうしたら実現できるのか
高く売れるのかを考えられたら可能性もある。

何もない所からスタートするのって時には良い事なのかもしれません。
考えることが増えるからアイデアも閃くのかも






テーマ:日々のできごと - ジャンル:ライフ

  1. 2017/03/30(木) 02:32:04|
  2. 農ファッション

お洒落でかわいい&かっこいい農作業着を作りたい

田舎に移住してからの楽しみはガーデニングや家庭菜園。
そんな中で生まれたのがA-rueのオシャレ作業着です。

知り合った農家さんとの会話の中で『あったらいいのにな〜』というツブヤキから農業ファッションのデザインを始めました。

最初はアームカバー、エプロン、帽子からスタートし、少しづつ定番が増えてきました。

キーワード検索や、人気ブロガーさん、農業関係者さん、友達紹介と
見えないところでご紹介いただいているからこそ全国からご注文いただけているのだと思っています。

作ることに背一杯でも発信を続けることによって気にかけて下さる方、
チェックしてくださる方もいるのが製作の励みになっています。
皆さんありがとうございます

田舎に住んでいてもインターネットの助けもあって好きな物つくりが続けられている。

ウェブサイト
フェイスブック
インスタグラム
ブログ

全ては毎日更新できないけど、
発信することは大切だな〜と感じております

ネットのみの販売なのに探し出して購入していただく方が多いのがすごく嬉しいです。
これからも少しつづデザインも増やしていますので応援してくださいね。

農作業服のインスタアカウントも作って更新してます。
おしゃれ農作業服


モデルは近所の農家さんだったり、お友達だったり、本当にいろんな人に見えないところで助けらてます。
出会いがあってスタートしたことなのですが続けていると色々なアイデアも浮かんでくる

農業ファッションをスタートして間もなく東日本大震災が起きて
これから続けられるかしら、、、、
この地に住み続けられるだろうか?
色々と悩みながらも作ることはやめられなかった。

続けることによって見えてくるモノやコトが多いのです。
基本的にモノつくりが好きなんだと思う。

いなか暮らしをしているからこそ出来ることだったのが
A-rueの農作業服だった。

都会に住んでいた時にデザインしていたら違うモノになってたと思う。

最近は農業以外でも使っていただく方もいる。
介護現場だったり、カフェだったり、工務店さんだったり、
それぞれ動きも違うけど、色々と動きをイメージしならがら図面を引いています。

これからも少しづつ定番を増やしでいきたい。
いつも気にかけてチェックしてくださる皆さんありがとうございます。

感謝(^-^)


  1. 2017/03/29(水) 00:57:30|
  2. 農ファッション

なかの家 (茨城県城里町)の焼き鳥屋さん

茨城県城里町のなかの家さんに行ってきました。


なかの家さんは焼き鳥が美味しくて安いと評判のお店です。
今までは買ってきてもらって食べていたのですが、
やっとお店に伺えた。


外観(交差点の角にあります:お店の前に駐車スペースがあります)



なかの家 (焼き鳥屋)城里町



店内の様子



なかの家さん店内



伺った日は予約で席が埋まっていたので、焼き鳥を焼いてもらってお持ち帰り♪


メニューもチェック※2017年3月現在のメニューの価格です

なんだかお得なお値段。これなら色々食べられて嬉しい価格


メニュー


※2017年3月現在のメニューの価格です

美味しいのに、こんなに安くていいのか?


メニュ



今回はお持ち帰りしたので自宅に戻りお皿に並べて撮影
お皿は笠間の陶芸家、小島英一さんの作品です。

前に笠間工芸の丘で購入した作品でお気に入りです。
焼き鳥にも合う


なかの家 (焼き鳥)お持ち帰り♪


ランチもあるそうなのでランチの時間にも再度行ってみたいな

人気のあるお店で席も限られるので、
遠方から行かれる方は電話して予約してから行くのもいいかも。


A-rueのエプロンもお使いいただいていて嬉しかった!
オーナーご夫婦の人柄が写真でも伝わるな〜


なかのやオーナーご夫婦


茨城県の城里町にある焼き鳥屋さんです。


なかの家
住所:東茨城郡城里町阿波山1151-1

電話:090-3049-3009

定休日:月曜日

営業時間:AM11:00~PM9:00



 
  1. 2017/03/25(土) 18:14:13|
  2. 田舎暮らし&スローライフ