つづく農園に通う (茨城県常陸大宮市)

つづく農園さんに通い始めて4〜5年くらいでしょうか?

農ファッションのデザインを作り始めてからは、モデルもお願いするようになった農園です。

農ファッションのデザインを始めてから農家さんのところに通う機会が増えたのですが、
栽培する作物によって動きやカタチ、機能面、求められる事が大きく違う

お野菜はサンキュウ農園さん、イチゴはつづく農園さん、ブルーベリーは磯野ブルーベリー園
蜂は養蜂家の長島君、にアドバイスも頂いている。

1年間を通しての作業の動きについて知りたいので、つづく農園さんにもマメに通ってる。

今シーズンも直売所がオープンしたので直売所へ

つづく農園 直売所

午後に伺ったのですがパック詰めや配送準備で大忙し。クリスマス前で一番忙しい時期でした。
中を覗くと今日もA-rueのエプロンして作業してくださっていて嬉しかった。
頑張って作ってよかった〜


イチゴシーズンに突入したので直売所で扱うイチゴの種類も増えていて、
ギフト用のジャンボイチゴも運が良ければ購入出来るのです♪

箱から出しちゃった写真ですが、どうでしょう(^ー^)

つづく農園 ジャンボイチゴ

手のひらに乗せてみました

つづく農園 ジャンボイチゴ2

大きい♪

大きいイチゴは大きいイチゴの品種があるのではなくて、大きい実を厳選してあるのでジャンボイチゴは数が少ないのです。
写真は茨城のいばらキッスのジャンボイチゴです!
艶やかで美しい

そろそろイチゴ狩りも始まるので楽しみ。
ちなみにイチゴ狩りは予約制です。

私も2年前に東京のお友達と一緒につづく農園さんでイチゴ狩りしました。
その時はイチゴにこんな多くの品種があると知ら、摘み取りながら食べ比べをたらこんなに味に差があるのかと驚きました。

直販の美味しさを知ったら直売所以外で買えなくなった。


行ってみたくなった方、人気の品種やギフトは売り切れちゃう事もあるので遠方の方は連絡していった方がいいですよ。
イチゴ狩りも予約制です。


つづく農園 ハウス内

イチゴハウスって写真で撮るとかっこいいですね。

つづく農園ハウス


今日はお正月にイチゴ食べたいので予約して帰宅。

そして来月は東南アジアに素材探しに出るので、やらねばならない事のメモを作る。
こうやって追い込まないと進まない。

これから農ファッションのアイテムも増やしたい
あれも、これも、、、作りたいものはたくさんあって
個人でやっているので一度にドカーンと多くは作れない。

現実的に可能な方法で、何を優先させるべきだろうか?
考えて考えて〜。妄想してるかも(笑)

良い事をイメージするのは良い事なので、あーなったらいいな〜。
こういう出会いがあればいいな〜とイメージしてます。


煮詰まったら生産者さんのところに行って、イメージしながら考えることにしています。
楽しくオシャレに働くためのアイテム。少しづつ増やして届けられたらと思う。

できる事をコツコツやるのが一番。

明日もがんばろっと

つづく農園のサイト(茨城県常陸大宮市のイチゴ農家)

東京からも日帰りできる距離ではあるのでイチゴ狩りしたいと思っている方は予約してから行ってくださいね。

 







  1. 2016/12/23(金) 01:01:25|
  2. 農ファッション

営業に関するお知らせ

2017年1月10日から2月10日までの1ヶ月間。
オンラインショップをお休みまします


この期間中も24時間、休まずご注文は承りますが、
発送開始が2月11日からとなります。お急ぎのお客様はご注意ください


この期間にご注文のお客様は大変お待たせして申し訳けありません。

A-rueの農業ファッションデザインを始めて数年が経過しました。
最初は日本でできないであろうと言われていた事も、小売の販路を捨てオンラインで直売のみ!(卸価格を販売価格)の方法で今まで続ける事が出来ました。

これはオンラインで応援して購入してくださった皆様のおかげです。
支えてくださってありがとうございます(*´∀`人 ♪

個人資金で出来る事は自分なりに試したけど、
私がお取引できる縫製工場は布帛の縫製工場でカットソーやツバ付きの帽子はできない。
日本で作るアイテムが限られ悩ましいところです

定番化できたワークパンツやズッキン、アームカバー、エプロンは今後も移住先の茨城県の城里町で日本生産を続けます!
良い縫製工場さんとの出逢えたのでずっ〜と一緒に作っていきたい。職人さんたちに助けてもらっている。


最近はTシャツ等、日本で作るのが難しい商品も何とかアイテムに加えたいと思っていて、
日本で頑張ってみましたが個人資金で量産は厳しい。ロット数の問題もあり相手にもしてもらえない。

日本でダメなら海外で探す!
素材探しやアイデア探しの旅に出ることにしました。

何か良い素材があれば日本でも作れるし、今までも出会いの中でデザインを続けてきた。
こんな時間も大切にしたいと思っています。
人の役にたつモノのデザイン。愛着を持って長く使っていただけるもモノ作り、
色々と考える時間も欲しいのです。

お休み期間中は移動も多いので問い合わせはメールでお願いします。
停電がなければ24時間以内の返信、移動日は48時間以内の返信で対応いたします。

問い合わせ電話も出先で受けられるようにしていますが、
ネット回線が確保できない地域もありますので出られないこともあります。

インターネットラインが良くない場所の滞在も多いので、
この期間の近況は、 SNS もしくは blog でお伝えしたいと思っています。

お休み期間中に何やってるの?って思い出してくださった方はそれぞれの場所でリクエストや質問にもお答えできる様に対応します

発信予定

Blog はこちら、 Facebookページはこちら 、

instagramは2アカウントあります.
日々の暮らしは @arue_jpn  @農ファッションは @aruejapan こちら

twitterはこちら


  1. 2016/12/17(土) 10:48:54|
  2. お知らせ Information

保護猫のその後

今年の2月に捕獲してTNRした保護猫

サクラネコ

捕まえた時は鼻水や目ヤニもあって長生きしないんじゃないか?と思ってお世話していたのですが、
今ではお腹の毛もシッカリ生えて元気になりました。

外で自由に過ごしていた数年間があるので家に入れるのは難しい。
庭に小屋を作ったら最近は寒いから毎晩小屋に入って寝るようになりました



サクラネコ

日中は庭のどこかで過ごしていて抱っこはできないけど触れられるようになった。

健康になったと思ったら猫ニキビらしい症状が出ているので動物病院に連絡。
野良猫は診察しない病院もあるということで、TNRをすすめてくれた人の紹介で隣町へ連れていく事になりました。

症状について、どの位の診療費がかかるのか、電話でも丁寧な病院だったので安心。

さすがに暴れたり噛んだりして診察できる状態でない猫は難しいそうですが、
この猫は怖くなると固まってしまうタイプで私も今まで噛まれた事がない。
診療費もどのくらいなのか不安だったけど、負担できそうな金額だったのと、
今回は触らせてくれる状態なのでキャリーバックを借りてきた。

これから繁殖シーズンに入るので保護できる野良ちゃんがいて、
今後のことを考えている方は動物基金TNRのサイトをチェックしてみてください。

私も野良猫とはいえ動物の体に傷をつけてしまうのが良いのか悩みましたが、
冬になると縄張り争い等で道路で轢かれる猫を多く見かけるので決断しました。

傷が治るまでは責任を感じてしまい不安でしたが今では体も少し大きくなりました。
メス猫だったので行動範囲が狭く、ほどんど庭のどこかで過ごしていて時々家庭菜園ハウスに潜り込んで寝てます。

私の住んでる茨城県の城里町(2016.12現在)ではTNR補助金がないので自費でしたがいながき動物病院さんで避妊手術をお願いしました。

手術後前後は1日づつキャリーバックの中に入れたままにして術後1日後にリリース。
私の場合は保護をすすめてくれた方がケージとキャリーも貸してくださいました。

傷跡ですが抜糸不要の溶ける糸を使用して縫合しているので、お腹の毛はツルツルでしたが傷は小さく目立たなかったです。
半年くらいは毛が生えてこなかったけど徐々に生えてきて10ヶ月後には普通に戻りましたよ。

自分の住んで居る市町村でTNR助成金も出るとこともあるので、悩んでる方はチェックしてみてくださいね。
協力病院のリスト


TNRというのは、
Trap(トラップ): 捕獲すること
Neuter(ニューター): 不妊手術のこと
Return(リターン): 猫を元の場所に戻す

の略です。

手術後の野良猫には、不妊手術済ということで目印が付いています。
目印とは耳の先端をV字や平らにカットしてあります。
これは再度不妊手術のために開腹されるリスクがあるので、猫を守るための処置でもあるそうです。

私が保護した猫はメスなので左耳をV字にカットしてあります。
TNR

大きく切るのは可哀想なので、獣医さんにお願いして刻みを小さめにお願いしました。
このマークがあると、保護団体さんや獣医さんは術後の猫とわかるそうです。

メス猫は左耳。
オス猫は右耳をカットすることになっているそうです。

身の回りに野良猫がいて耳の先端がカットされていたらサクラ耳(TNR)猫です
1代限りの命です。暖かく見守ってください



 

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2016/12/16(金) 19:21:23|
  2. ネコ (サクラ耳の猫)

デニムのエプロンできたよ

ハトメを使ったエプロンとロング丈のデニムエプロンの製品化できました。
卸はやってないのでオンラインショップで販売しています。

モデルは近所のお友達農家さん。移住先の皆様にお世話になっています。

農業ファッション インスタ

webサイトに載せる画像枚数に限界があるので、イメージしやすい写真を中心にアップ中。
農業ファションはaruejapanのアカウントでインスタやってます。


こんな感じで、作業場に引きこもりがちかも。
エプロンの検品&タグ付、アイロンかけ、次に作るワークパンツの図面ひいたりしてますが、12月に入るとなんだか焦りますね。
サンプル縫えるように頑張ります。

毎年12月は東京の汐留で帽子を販売していたのですが、今年はイベントがなくなったので9年ぶりに出店なしのクリスマスです。
何をしてすごそうかな〜
汐留に遊びにきてくださっていたお客様オンラインで手編みの帽子はセール中です。
送料いれても会場よりお得にお買い物できる設定にしてありますので、ご注文お待ちしています。

大人用の手編み帽子はこちら

子供用の手編み帽子はこちら


田舎暮らしを始めてから家庭菜園にもはまっていて、休憩中はポタジェ作りに夢中になっています。
arue_jpnのアカウントでは日記的な写真をあげてますが、最近はウチに住み着いた野良猫の写真が増えてきた(笑)
犬派ですが猫も可愛いですね。しばらく猫とポタジェの写真が多いけど、1月中旬から東南アジアの写真が1ヶ月続くと思います。

インスタ日記はこちら

田舎暮らし インスタ

1月中旬からタイとネパールに行ってきます。毎年夏に通っていたのですが農ファッションデザインが中心になってきて、農作業が少なくなる冬に変更することにしました。

ネパールとタイでは素材探しにいってきます。
(まだ1ヶ月ちょっと先です)

田舎暮らしを始めてから12月のほとんどを茨城で過ごすの初めてかも。
ネオンもないしクリスマスっぽい行事もないので、静かでノンビリ時間が流れてるのがいいです。

田舎暮らしはじめてよかった。


 

 

テーマ:田舎暮らし日記 - ジャンル:ライフ

  1. 2016/12/02(金) 00:43:53|
  2. 農ファッション