連結ネコ

作業場でボタンホールを開けようと思ったら入口を塞ぐネコ

ネコつながり


繋がってる(笑)

2匹は兄妹なのかな? いつも一緒。


茶色の大きなネコは近所の飼い猫ちゃんで、シロ茶(保護ネコ)がノラ猫なのでお世話中

最初の呼び名は『ネコ』 → 『白いヤツ 』→ 最近は 『シロちゃん』 と呼んでます。

最近は家の周りで過ごしているので見てると飽きない。

ネコ


干し野菜の日陰で寝るネコ

ネコはリラックスできる場所を上手に探すんですね






テーマ:癒しと潤いのある生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2016/09/04(日) 14:30:34|
  2. ネコ (サクラ耳の猫)

ハトメ金具探し

エプロンでハトメを使いたいということで、
縫製工場さんが持っていたハトメ機械と以前使った事があるというハトメ金具をお借りしている。

縫製をお願いしている縫製工場さんは普段メーカーのブランド品を縫っていて、
通常大きめのハトメを使わないので工場には大きなサイズの駒がない。


ハンドプレスの打駒が交換できたら私が使いたい金具と打駒を用意するだけで良いのでプレスメーカー探し。

とりあえずプレス機にはメーカー名も不明で、金具名も不明だから画像で探す。
手芸店で扱う金具とも少し違うような、、、、

プレス機と工場にあった金具サンプルを見ながらネットで探し、
途中で面倒になったので大きめの会社に問い合わせてみた。

そもそも今までハトメを使うものをデザインしたり、作ったことがないので念のため写真を送って聞くしかない。
工場の人にはプレス機械よりも打駒の方が高いと思う。と聞いていたので間違えたら交換できないし大変

ハンドプレス

日本で問い合わせする時は、毎回ネット検索し直感で選んだ企業に電話するかメールする。
こういう時は企業でなく個人の問い合わせの場合は会社によりますが対応が随分違う。

私のような個人経営の場合、付属品メーカー、布問屋、縫製工場も含めて敬遠される傾向にある。
最初に『ウチはプロ専用の窓口だけどわかってますか?』みたいになるのです。

話し始めると問題ないのだけど、企業内でデザイン業していた時はカタログやらサンプルも揃っていて選ぶのが楽だったと感じる。

今日も親切なメーカーさんからお電話をいただき、
持ってるプレス機械で使える金具の種類や材質、サイズや色を教えていただいた。

このプレス機の打駒はアパレル専用の金具でポンチ不要で使える専門金具になるらい。
名称もわからないので、初歩的な質問からサイズやら色の説明までお電話もいただき丁寧に説明してもらえた。
ロット数もクリアできたし、あ〜良かった。

こんな事を繰り返して少しづつ国内での製品化を進めております。

インターネットがなかったら問い合わせ先を探すだけでも数日かかったかも。
インターネットがあるだけで、数人分の仕事も一人でできる。

こんな時代だから一人でやっていても、発信をちゃんとしてお伝えしていると信用していただける

頑張ろう。

  1. 2016/09/01(木) 21:58:45|
  2. 農ファッション

サクラ耳の猫ちゃんのその後

今年の2月にブログに書いたサクラ耳の猫ちゃんのその後。

2016年2月にメスの野良ちゃん捕獲し、サクラ耳の猫ちゃんになった時のことを書いたブログ記事があって

あの時のちゃんどうなったんだろう?って思ってる人いるかな?
最近は触れるようになり家の庭にいる時間が長くなってきたので
このまま地域 or 家猫になれるようにお世話中です。

農ファッションブログではありますが、猫カテゴリを作りました。
私は猫より犬が好きなのですが、最近猫の可愛さがわかるようになりました。

耳をカットされた猫ちゃんを見かけた方がある方もいらっしゃると思います。
サクラ耳の猫ちゃんについてはこちら
TNR活動で保護された野良猫ちゃんは避妊手術後にメスは右耳をカット。オスは左耳をカットするそうです
ご意見は色々とあるとは思いますが、殺処分が減少しますように。

うちにやってくる猫ちゃん達。庭や作業場の入口で寝てる事が多いのです。
作業小屋に行こうとすると、この姿。。。。

サクラ耳の猫


手前の茶色のオスは近所の飼い猫ちゃん。
いつもついてくる白と茶色のメス猫がサクラ耳になった猫ちゃんです。

メス猫は行動範囲が狭く飼いやすいよと TNRを紹介してくださった方が言っていましたが、
確かに狭い。日中は家か作業小屋の周りにいる。
避妊手術後にお世話していたら我が家が気に入ってくれた様子
最近は日中は我が家の庭にいるようになりました。

トイレも家の敷地内でやってくれるようになり、小屋を作ってあげたら入る日もある。
このまま夜もいてくれたら家猫になれそうです。

サクラ猫

さすがに1年以上野良猫として暮らしていたのと捕まえる時も大変だったのですが時間をかけると猫も変わってくる。
もう少し慣れてキャリーに入れられる位に懐いたらワクチン接種に連れて行こうと思っています。

モグラや小鳥、セミやカマキリ、、、
色々と捕まえて食べてるので加えてくると悲鳴をあげてしまいますが、
これは猫の習性らしい。

キャットフードを決まった時間に与えているのに別の味が食べたくなるみたい。
家猫になるには、まだ時間がかかりそうです。

そのうち猫グッズも自分で作りたくなるのではないか、、、?
これは趣味で終わらせないと(笑)

田舎暮らしも今年で8年目。
小さな家庭菜園やガーデニングを楽しむようになった。

小さな農のある暮らし。
半農半デザイン
 +
サクラ猫の世話も追加となりました。

田舎暮らしを始めなかったらデザインしなかったであろうA-rueのロハス&農ファッション
田舎に移住しなかったらはじめなかったデザイン業ですが、田舎だからできた事の一つだったと思う。



  1. 2016/09/01(木) 01:54:19|
  2. ネコ (サクラ耳の猫)

胸あて付きエプロンのデザイン中

今日も胸あて付エプロンのサンプルを知り合いに試着してもらった。
サイズや幅や長さを変えてサンプルを作っていたらサンプルだけで10枚は縫っていた。

男女兼用のデザイン。
フリーサイズ。
誰でもオシャレでカッコよく見える
体型に左右されず、それぞれオシャレに見える。
全てをクリアして自分で見ても納得できるバランスを探しています。そうなるとかなりシンプルになってくる。

体型が違う人を見つけると試着してもらい。図面を直し、縫い直し、やっと最終図面が決まりつつあります。

今回はエプロンにハトメを使ってみようと思い
色んな素材やサイズのハトメ金具をネットで探しサンプルに打って試しています。

今まで使った事がなかったので調べてみると種類も素材も多いし素材によって仕上がりも強度も随分幅がある。
こんなにハトメについて考えたことはなかった。

まあサンプルはいいとして製品化する時にはお試し手芸用では耐久性もないし無理がある。
町の縫製工場さんに相談したらハンドプレス機と工場にあった金具を持ってきてくれた。

ハンドプレス


試しい使ってみたら?ということで
サンプル打ってもらったらハンドプレス機使うと上がりが違うかも。
やっぱりハンドプレス機じゃないどダメだわ。

借りたプレス機は穴あけポンチ不要で使えるそうだ。
自分が使いたいサイズが12-15mm。
アルミと真鍮やステンレスと素材によって打駒も変わるそうなのでネットで駒探し。

エプロンの図面ができたら、次はワークパンツも新型作りたいし、あれも、これも〜と作りたい。

8月はエプロン作りで終わってしまった。


  1. 2016/09/01(木) 00:50:56|
  2. 農ファッション