さくら耳の猫ちゃんのこと

さくらネコ(さくらの花びらのように耳の先端をカットされたネコ)』という存在をご存知でしょうか?
避妊・去勢手術を受けた飼主のいないネコちゃんのコトなんです。

さくら耳の猫


猫の殺処分ゼロを目標に活動されている団体があります
CAPIN


なんでブログに紹介したかというと最近2匹でうちに遊びにくる猫ちゃんがいるのですが、
オスの1匹は飼い猫だけどメスの1匹は野良猫だという事がわかったからです。

兄弟なのか?


仕事場がネコの通り道&日向ぼっこする場所になるようで、今までに色んなネコちゃんが寝ていた。
生ゴミは掘り返される事は多かったけど、動物は嫌いじゃないので深く埋めたり色々工夫はしていました。

2匹で立ち寄る飼い猫ちゃんの1匹(オス)は人に懐いているのでわかるのですが、もう1匹(メス)野良猫は警戒心が強い。
オス猫がサカリ時期に入っていたので増えたら大変だと思っていたのです。
念のために飼主さんにも確認したらオスは飼っているけど、メスは一緒にいるけど飼ってはいないとのことでした。

茨城県は殺処分が全国で1−2位という報道もあって、
調べてみると茨城県の年間の殺処分はかなりの数です

確かに野良猫、捨て猫も多いし、里親探しを手伝ったこともある。
里親探しも限界と感じていた時に個人でボランティアTNRしている方に出会いました。

TNRとは Trap(野良猫を捕獲)-Neuter((不妊手術のこと)-Return(元の生活場所に戻してやること)の略です。
同じ猫が何回も捕獲されて手術のリスクを減らすために、耳に印を残し解放する。

助成金もない市も多いし、野良猫だと手術も受けられる病院が少ないというのもこの件で知りました。

野良の雌ネコちゃんのことを相談したらTNRを薦められ野良猫でも避妊手術を受け付けてくれる病院を紹介してもらった。
殺処分ゼロを目指し、飼主がいないネコ専門TNRが目的で避妊手術している病院があるという。



電話して予約して野良猫(メス)だけ連れて行きました。
連れて行くにあたって個人で活動している方に、ケージやキャリーバックもお借りした。

野良猫だけど大暴れするような猫ではなかったので餌をキャリーバックに入れて捕獲。
少し慣らしていたのでお互い怪我はしなくて済みました。

抜糸のいらない糸を使い、傷が開かないような縫い方で縫合するとのことで翌朝には元に戻せるとのこと。
ワクチン、ノミよけ、のオプションもあったので先生に伺うと野良猫でもワクチンは打った方が良いというので両方お願いした。

気が弱い猫だったようでよく朝も元気がないので2晩様子を見て元の場所に戻しました。
もう恐ろしくて近づかないだろうと思っていたのですが、昼寝にやってきたので飼える状態になるかもということで引き続きお世話中。

手術は無料ではありませんが良心的なお値段で受けていただけました。
内容によって変わるので、同じように悩んでいる方はサイトの活動内容を確認後に相談されるといいかもしれません(野良猫のみ)
いながぎ動物病院 ※茨城(土浦)、福島(いわき)
ご注意:飼い猫はこちらの病院では受診できません。地元の獣医さんへ行ってください。

茨城ではNPOのCAPINさんが活動中のようです。

私の場合は直接病院に連絡して伺いましたが、
手術するにも、どうして良いのやら?助成金もないし窓口もない、かなり大変だったんです、、、
茨城県内で同じように考えている方がいらっしゃるかもしれないと思いブログに残しました。
少しでも殺処分される猫ちゃんが減りますように。

サクラ耳の猫

こんな事情で遊びにやってくる猫ちゃん(メス)はサクラ耳になりました。
慣れてくれれば飼い猫にできるけど、今まで自由にやってかたら難しいかな?
メスは左耳、オスは右耳がサクラ耳になっているそうです。

手術後1週間。元気にやっているので安心。
ゴミも掘り掘りしなくなったし、地域猫として見守られることを願います。









  1. 2016/02/11(木) 14:26:12|
  2. ネコ (サクラ耳の猫)

ネパール大地震、義援金の使い方のご報告です。

A-rueでは取引先の一つである、ネパールの帽子工場への義援金を届けました。
帽子工場では世界各国の取引先、友人たちから、被災した従業員への寄付をお預かりしておりました。
何度も被災従業員を集め、集まっている義援金について、支援者からのリクエスト、被災者からのリクエスト、
それぞれ納得がいく配分方法を話し合いました。

もっと早く動きたかったのですが、9月からのインドのネパール国境の経済封鎖も重なり、
生活物資が国内に不足しており実行に移すのが難しく遅くなりましたが、
来週から家を失った従業員に対し配分をします。

彼らの工場へは彼らの取引先や友人から寄せられた義援金があります。
全てまとめ分配します。

A-RUEからは、帽子工場の被災者には皆さんから集めた義援金の約半分
140,000ルピー(約17万円)とランタン3台をこちらの工場へ8月に寄付しています


今までの支援方法については、こちらのカテゴリーにまとめてあります




帽子工場の社長さんからのメッセージです

私たちはネパール大地震で私たちに支援していた義援金の使い道について被災した従業員と最終打ち合わせをしました。

この会議以前にも義援金の配分方法やリクエストに応えるために、
定期的に被災した従業員たちとの話し合いを重ねておりました。
被災者がそれぞれ納得できる方法で現在実行に移しております。

今日は被災従業員の近況についてのご報告をしたいと思います。

<1>
現在住宅を作っている人:8世帯にはすでに支払っています。
これはそれぞれに配分された義援金に自己資金を用意し、再建まで実行できた
世帯数です。

<2>
私たちは住宅再建ため必要なレンガを150000個のレンガを注文しました。
(15万個のレンガのコストはUS$ 27000になりました)
これは大量注文により配給できるレンガのコストを下げ、多く配ることができるからです。支援側からのリクエストでもあります。今後、必要に応じた数を追加購入する予定です。

<3>
18世帯はすぐに家を建てることはできませんが、5〜7ヶ月後には工事にはいるので、その時点での支給します。

<4>
まだ家を再建できない多くの従業員がおります。
被災した従業員は政府かの支援を長い間待っていましたが、政府からの支援が今のところ何もありません。
再建に使うために配分された各世帯分の義援金、銀行書類等も用意していますが、
まだ家を建てることができない世帯が多く残されております。

すぐに資金を投入できない被災者には彼らが現金で購入しなくてはならないものを義援金で購入し配分しようと考えました。

どういう物を購入するのかというリストですが、被災従業員のリクエストを受けて
ガスストーブ、調理ガスセット、棚、椅子、テーブルなどの日用品、および子供達の教育に必要となる物を購入し配分します。

義援金を全て家を建てるために使って欲しいという支援側のリクエストもありますが、震災から8ヶ月間経過していること、それぞれの家庭の状況か違うため、被災従業員全員が家を建てることまではできません。

現在、今までの寄付していただいた義援金はこのような使い方を検討しております。
上記に関するご意見がありましたらお知らせください。
週明けには全て実行する予定です。
 
 


8月以降のワッペン募金及び寄付金は震源地に近いゴルカの農村の支援に使います。
引きつづきご支援宜しくお願いします。

ワッペンを購入して支援したい方はこちらから宜しくお願いします



  1. 2016/02/06(土) 20:48:38|
  2. ネパール大地震お仕事支援