キッチンガーデン(廃材を使ったポタジェ)

デッキ用の床廃材をもらったのがキッカケで作ったキッチンガーデン(1.5畳弱の広さ)
枠をつくって培養土を入れてスタートして2年。
コンクリート製の枕木に変えようと思っていたけど、まだまだ使えそう。
木だとシロアリが出るかもしれないから使えないし、コンクリートだと撤去することになったら困る。
人口木って扱いやすいので家庭用の小さなポタジェに向いているかも。

手作りポタジェ

震災後に畑はなくとも、少しでも収穫できる場所が欲しくてプランター栽培から始めたのですが、
栽培って面白い。プロを目指すわけではないから楽しいのかもしれない。

手作りポタジェ

夏野菜が終わったので、春菊を1ヶ月前に種まき。そして今日はセロリとリーフレタスを植えた

手作りポタジェ

これから先は毎朝氷点下になるので昨年は屋外栽培諦めておりましたが、ホームセンターで丈夫そうなアルミ?の湾曲した棒が3本で600円弱だったのでトンネルにしてみました。

手作りポタジェ

裾を絞ってペグにひっかけて固定。多分強風で切れちゃうと思うけど、あとでクリップでところどころ留める予定です。

手作りポタジェ

これで霜除OK! 簡単なトンネルポタジェができました。
屋外で栽培できるか実験中ですが、プランターでも栽培中

家庭用ビニールハウスの中で作っています
手作りポタジェ

狭いなりに工夫すると上に伸ばすしかなくてお花の棚を利用。
外側から収穫して食べています。

工夫次第で少し収穫量があがるかも。
周りにはプロの農家さんも多いのでお野菜は買っていますが、自分で作ったお野菜が少し収穫できると嬉しいものですね。

小さな農のあるくらし、プランター1個でも始められますよ。


  1. 2015/11/17(火) 17:40:05|
  2. 栽培日記

汐留ストリートフェスティバル2015winterに出店します。

2015年12月のイベント出店日およびオンラインショップの定休日のお知らせです。
汐留ストリートフェスティバル2015 WINTER:クリエーターズマーケットに出店します。

イベント出店中はオンラインショップでのご注文は承りますが
12月4.5.6.7日/12月16.17.18.19日/12月22.23.25.25日は出荷作業ができません。
日時指定がある方はご注意ください。
指定日1週間前にはご注文くださいますと可能です。


A-rueは手編みの帽子のみで出店します。
テーブル1個くらいのスペースなので農業ファッションは持っていきませんのでご注意ください。
どうしても農ファッションを見たい方は1週間前にご連絡いただければ持参します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

イベント名
汐留ストリートフェスティバル2015winter
(クリエーターズマーケット)

開催期間
2015年12月4日〜25日まで毎日クリエーターが入れ替わり出店します。
ここでしか買えないクリスマスプレゼントアイテムもありますので、毎日遊びにきてくださいね(笑)

A-rueの出店日
12月4.5.6.7日/12月16.17.18.19日/12月22.23.25.25日です。(12日間)

開催場所
汐留シオサイト ストリートZONE(汐留公共地下歩道)で開催となりますが、
クリエーターズマーケットは日本テレビタワー前(タワーレコードとplaza)の間になります。
下記の地図をご覧ください

開催時間
オープンが午後3時からですのでご注意下さい。
2015年12月 4日(金) ~ 10日(木) 15:00~20:00 (5時間)
2015年12月11日(金) ~ 25日(金) 15:00~21:00 (6時間)

ACCESS 最寄駅
JR・地下鉄銀座線/浅草線 新橋駅
地下鉄大江戸線 ・ ゆりかもめ 汐留駅 ※各駅より徒歩数分
地下通路の日本テレビ前辺りがクリエーターズマーケットになります。
(タワーレコードとPLAZAの間になります)

下にA-rueの出店日と開催場所のマップ貼っておきます↓

A-rueの出店日:12月4.5.6.7日/12月16.17.18.19日/12月22.23.25.25日です。(12日間)

クリエーターズマーケットA-rueの出店日はこちらです(オレンジの◯の日
汐留ストリートフェスティバル2015winter


開催場所:東京(汐留)

汐留ストリートフェスティバル2015winter開催場所

詳細が決まりしだい追記いたします。

関連サイト汐留シオサイト
↑イベントが近くなったら詳細がアップされると思います。


今年は都内イベント出ていなかったので、この機会にA-rueブースに遊びにいらしてくださいね。
クリスマスプレゼントのラッピングも無料で承ります。


毎回会場でしか会えないお客様も多いので冬の汐留は私も楽しみ
今年は多めに出店しますので皆様にお会いするのを楽しみにしております。
数が少ないアイテムもありますお早めのご来店がオススメ❤️
皆様のお越しをお待ちしております(^-^)


 
  1. 2015/11/16(月) 20:39:50|
  2. お知らせ Information

2015年度G展ご報告&ふるさと納税についてのお知らせです

2015年度グットデザイン賞、ズッキン2が受賞となり、 今年も10月30日〜11月4日まで東京ミットタウンで開催されたG展に展示させていただきました。

2015年度グッドデザイン賞受賞ズッキン2

まわりをみると大きな企業さんの受賞が多くて、個人でもこんな場所に展示できる評価をいただき嬉しかったです。
2015年G展

ロハス&農業ファッションという事で作業服の分類になるのですが、
働く時間だからこそ拘りをもった服装で仕事をしたいという人達が確実に増えているように感じてます。

1_20151107175734836.jpg

フライヤーも今年は全部なくなっていて嬉しかったです。興味をもって下さったお客様ありがとうございます。

ちょうど同じタイミングで11月3日に、NHK『まちかど情報室』アイデアで変わる日本の収穫というテーマで『A-rueのアームカバーとワークパンツ』が紹介されました。
多くの方に問い合わせ及びご注文いただき驚いております。続けてきてよかった(^-^)
ご注文いただいたお客さまありがとうございました。


もう一つお知らせがあります。
私が農業ファッションのデザインを始めたのは茨城県の城里町に移住した事がきっかけだったのですが、
城里町のふるさと納税(返礼品)の中に2アイテム入っています。

<1>ズッキン2とアシメトリーエプロンのセット
(2013&2015年度グッドデザイン賞受賞デザイン)
ふるさと納税 城里町

<2>デニムワークパンツ
(2014年度グッドデザイン賞受賞デザイン)

ふるさと納税 城里町

ふるさと納税 城里町


両方とも城里町の縫製工場さんと作っている茨城県城里町産なんですよ!

ふるさと納税をお考えで、城里町に寄付していただける方はこちらをごらんください


今年は多くのメディアに紹介していただく事ができました
来年も取り上げていただけるようにシッカリデザインしたいと思います。

画像のモデルさんは茨城県常陸大宮市の『つづく農園』さんです
今年のイチゴも楽しみにしております。


モデルさんが着ているロハス&農ファッションはこちらで販売中です。
http:/a-rue.jp




  1. 2015/11/07(土) 18:24:37|
  2. お知らせ Information

ネパール大地震支援募金、その5:ゴルカの小さな村への支援

ネパール支援募金の使い道のご報告(その5)

8月中旬にネパールに渡航して義援金を3箇所に届けました。
その中の1つがゴルカにあるPandrung(グーグルマップでココです
ローカル名はギャンペシャルという村です。

ネパールお仕事再生募金に寄付してくださった皆さまありがとうございました。

全世帯分のソーラーランタンを運べなかったので、もっとも必要だと思われる家庭にランタンを渡してもらいました。
配布方法は村の方に決めてもらいました。

Pandrung ゴルカの村


みなさん嬉しそうです。
ネパールでは10月中旬からダサインというお正月みたいな大祭があり、
都会に住んでいるこの村出身の人たちが実家に戻り家族と過ごす習慣があります。
今日の写真はダサイン大祭にソーラーランタンを届けた時の写真です


Pandrung(ギャンペシャル村)には16世帯があり全ての住居が被災し住める状態ではなく
仮設住宅を自分達で作り現在も暮らしています。

ネパールPandrung (仮設住宅)



この村には8月中旬までに集まった義援金の中から
51000ネパールルピー(日本円で約6万円)日本で購入したソーラーランタン12台を届けました。

現金は仮設住宅パワーアップの為の資材を買いたかったのですが、
現在は村で得られる現金収入が絶たれている状況もあり、支援団体も入っていない事、村民からも食料を買いたいとリクエストがありましたので食費として16世帯に各配分しました。1家族約3800円程の支援になりました。
購入できる量も限られますが彼らにとって大きな支援となり喜んでいただけました。


Pandrung ゴルカの村

(今日のブログの写真は2015年10月下旬撮影した村の状況です)

これから壊れた家をどうやって修理するのか、、
家の再建に関しては今は考えられず今は放置状態だそうです。

ネパール大地震 Pandrung  2015秋の様子


Pandrung(ギャンペシャル)はカトマンズから約142km離れた山岳部にある小さな村です。
カトマンズからはローカルバス2回乗り継ぎ、それから徒歩で3時間ほど山を登るとPandrungにたどり着きます。
村には車の走れる道路が繋がっていなため、途中からは徒歩で村にいかなくてはなりません。



大地震の後に政府から家を無くし家族1世帯あたり15000ルピーの支給があり、震災直後に個人のボランティアの方が一度食料を援助してくださったようですが、その後に支援をえれらるところがなく皆さん途方にくれています。
政府から追加援助もあるという話でしたが最初の15000ルピー支援後この半年間何もないそうです。


自分達でできる事はやっていますが、山間部の貧しい村では村民自ら出来る事には限界があり、
仮設住宅を修理しながら住むしかない状況です。ここでは避難所みないた施設は存在しません。
この村だけではなく支援団体が入らない小さな村はどこもこんな状況だと思われます。

大地震から半年過ぎたPandrungの村の様子

ネパール大地震 Pandrung  2015秋の様子2


村では壊れた家の廃材や残った壁で仮設住宅を作り今はこのような簡易住宅を作りすんでいますが、
防水シートの劣化もあり、これから材料を買いたして仮設住宅を修理しながら暮らしていかなければなりません。
なんとか追加支援をできないかと考えてブログを書きました。

ネパールPandrung (仮設住宅3)


ネパールPandrung (仮設住宅2)


村の人たちの職業は農家で、収入源は野菜を売って現金を得ています。
(今の時期は野菜(トウモロコシや葉物の野菜)を育てています)
村では自然の山水をつかって作物を栽培していそうですが、地震後は山水の出が少なくなり栽培に必要な水が確保できず、今は自分たちで食べるだけの野菜とトウモロコシだけしか栽培できていないとの事でした。

村での現金収入が途絶えている状況でお金でかう必要があるものは、町で働きに出ている家族や親戚や友人からの仕送りで現在なんとかやっているそうです。町に出ている人たちも町で被災していたり、観光業に関わる人たちは仕事が減り苦労しているようです。


皆様にお願いがあります。再度義援金を集めたいと思っています。
今回の義援金は全てこの村に寄付します。

また現地で支援中の団体様でご支援いただける方をご存知の方がいらっしゃいましたら
シェアーまたはご紹介いただけないでしょうか?

直接現地の状況について話をしたいという方はご連絡いただけましたら、この村出身の友人シバ君(カトマンズ在住:英語可)の連絡先を教えます。直接連絡をとって頂くこと事も可能です。

募金についてはPandrung(ギャンペシャル村)にご支援いただける方は宜しくお願い致します。

募金していただいたお金はこの村の支援金とし、建築資材(トタン、セメント、レンガ等)の購入の為に使わせていただきます。




募金(寄付金)の振込先はこちらです

ジャパンネット銀行 : すずめ支店
店番号:002
普通口座:4526720 
口座名義 A-RUE (アリュ)


口座に寄付していただける方はこちらにお願いいたします。
お振込み名義の前にボキンと記載してください。





物を買って募金にまわしたいという方は
A-rueではネパール支援の為のアイロンワッペン販売しています。
前回に引き続きワッペン売上額の全てをこの村に寄付します。
こちらは送料込みで350円(378円:送料込)です。
代金先払いになります。お振込料はご負担お願いします。
ご入金確認後に普通郵便で出荷させていただきます。
郵送作業は私も業務終わってからの作業となりますが最短でお届けできるようにいたします。

ワッペン募金

アイロン接着できる刺繍ワッペンです。寄付を目的として捻出した商品なので柄は選べません。
柄はお任せください。多数お買い上げの方には色々な柄をミックスしてお届けします。



募金の状況はブログ内でご報告します。
ネパール大地震から7ヶ月が過ぎ、まだまだこのような状況です。
名前も知らない遠い小さな国の村とは思いますが、ネットを通じでご支援いただける皆様を探しています。
どうぞ宜しくお願いいたします。


 
  1. 2015/11/02(月) 22:56:41|
  2. ネパール大地震お仕事支援