ネパールのシバ君の事

ネパールお仕事再生募金ですが、
パタンの帽子工場では世界各国の友達や取引先から多くの支援金をいただいております。
詳しくはネパール支援ブログにアップしています。

A-rueとエコロジーオンラインで集めている支援金は帽子工場に加算する予定です。
今まで集めた募金額についてはこちら
このほかにA-rueのエスニック衣料を13年共に作って下さったシバ君家族の住宅支援とゴルカの村の寄付金として一部を使わせていただきたいと考えています。
支援金の詳細は8月に帽子工場の社長さんと相談して決定し、ブログやSNSでお知らせします。

シバ君の家族はカトマンズで被災して今はカトマンズのアパートもゴルカの村の家もありません。
倒壊した家から取り出せた衣料品や日用品をもって屋外のビニールテントで暮らしています。

2年前に服の工場はやめましたが農業研修生として単身赴任で韓国にわたる準備をしていた時期に地震が発生しました。まだ研修生として出られる確約もなくカトマンズで屋外テント生活しています。

服工場の仕事も終えてしまったために現在は取引先つながりもなく、
村にも戻れず、家もなく、どしたら助けらえるか考えています。

現在もテント暮らしをしている人たちは、賃貸アパート暮らしで被災、村の家も被災して戻る場所がない人たちが殆どだと思います。

今はどこで寝ているの?食べ物はあるのか?
いろいろ気になって毎週電話しています。

彼らは屋外のビニールテント暮らしではありますが、夜はヒビが入った建物で直ぐに倒壊の可能性が低いと言われている場所に多くの人たちと寝泊まりしているそうです。

だたし余震がおきると皆さん飛び起きて外に避難という生活で建物の入口付近に集まって寝ているそうです。

雨風はしのげるとはいっても昼は外のテントの方が安全なの皆さん屋外生活中。
仕事については今の状況でできる仕事をやっているとの事でした。

現在、政府の考えている支援方法やルールが決まっていないので、
現状としては動くに動けない、どうしたら良いのか?という状況ですが、
出身地のゴルカの山間部の村には支援が入ってきていると言っていました。

そもそも日本のように政府がなんとかしてくれる避難所がない国なので
個人個人で出来る事はやっているそうですが、
やっぱり最初のステップは寝る場所。住む場所の確保が最優先だと思いました。

仮設住宅をたてるにもカトマンズに土地を持っていない人はビニールテントは建てられても、
本格的な仮設住宅を建てることができません。
移動する事が前提の仮のテントでの生活になります。
村の方が仮設住宅は建てやすいのかも知れません。

このままだと、シヴァ君家族には8月にテントを運ぶ事になりそうです。
あと2ヶ月なんとか頑張って欲しい。
同じ環境の方も多く、今後も10日に一度電話して無事を確認したいと思っています。

5月12日の大きな余震の恐怖は抜けきらず、
次に同じ規模の余震があればゴルカの村に戻りたいと言ってました。

子供の学校の事、村での生活を考えると仕事がないし、
嫁と子供二人は村に戻しても自分はカトマンズに残り仕事を探す予定らしい。

そう考えると、村の家もカトマンズの家もない屋外生活している人達にはファミリーテントがいいのかな?と思ってしまいました。

理想は現地で買えるもので支援が理想ですが建築資材も高騰しているようで、
日本で買う場合は丈夫で価値があるものを支援する方法がいいのでしょうね。

8月上旬までいろいろと話し合い支援方法を決めたいと思います。

A-rueではワッペン募金も継続中です。
私がもっているワッペンは全てお金にかえて支援金に回します。
結構おしゃれで可愛いワッペンなのでご協力いただけると嬉しいです。
ご注文はこちらからどうぞ:1個送料込み350円です

日本で始めたA-rueのロハス&農ファッション。
こちらのご注文時にネパールワッペン募金品をご購入いただけるケースが増えてきました。
ほかの商品とも同時にご注文いただけます。その場合は切手代分も募金とし加算されます。

すでにご支援いただいた皆様ありがとうございます!!
皆様の大きな支援に私たちは本当に感謝しております。

このまま8月まで募金を増やすために努力したいと思います

❤️ご協力のお願い❤️
今回ネパールおしごと再生募金にお協力いただいたのがエコロジーオンラインさんです。
毎日ポチッと押すだけで無料で応援支援できる方法もあります。

毎日思い出したらポチッっと支援していただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
エコロジーオンラインを応援しよう!ここからお入りください


続きを読む
  1. 2015/05/29(金) 14:46:29|
  2. ネパール大地震お仕事支援

サルエルタイプのワークパンツ再販開始!おしゃれ農作業服

おしゃれな農作業服 サルエルワークパンツ

大変お待たせいたしました!しばらく完売していたワークパンツ(サルエルタイプ)
や〜〜っとできました。こちらからご注文お待ちしております

作業着以外にも使えるデザイン。
薄手のデニムなので夏でも快適。私は旅行の時にも使っております。

今回は共布でヒップエプロンも作ったのでセットで合わせるとスタイリッシュです
ポケットがさらに増えるし、スマホも入る大きなポケットエプロンです。

おしゃれな農作業服 サルエルワークパンツ

どちらも同じ素材(日本製のインディゴデニム)で作りました。
お洗濯をくりかえすうちにワントーン明るいおしゃれなインディゴブルーの変化します
素材アップ

茨城県城里町製(日本製)です!!

2013年グッドデザイン賞受賞パンツ
ご注文はこちらからどうぞ

共布で作ったヒップエプロン
やっぱりセットがオススメ!今なら柄も選べます。
お手持ちのパンツにも使えるでざいん。密かな人気アイテムです



現在ネパール大地震おしごと再生募金も継続しておりますが、デニムに貼っても可愛いのでご一緒にいかがでしょうか?8月中旬に工場の家をなくした人たちの住宅支援に使います。
ワッペンを買って募金!売り上げ全部寄付します

  1. 2015/05/28(木) 01:04:48|
  2. お知らせ Information

先行発売分検品中です。

おしゃれな農作業着

ずっと完売していたサルエルタイプのワークパンツ。
縫製工場さんが先に30着もってくださいました。残りは来月中旬を目安に縫製中です。
只今、検品&タグつけ、そしてweb作り同時にやっています。来週くらいには再販売開始したいです。
もう少々お待ち下さい

おしゃれな農作業着

色もいい感じ、一度洗うとワントーン明るい色に変わりますが、更にカッコよく&可愛くなります。

おしゃれな農作業着

ヒップエプロンも共布で作っています
柄も今までご注文が多かったもの、新たに別の柄のテープも追加予定です。

こちらは6月下旬になってしまいそうですが、出来上がり次第お知らせします。

ネパール地震、おしごと再生ワッペン募金品も販売中です。
デニムに貼るとかわいいのです。

ワッペンの売り上げ(切手代を除く)は、全額ネパールの被災した職人、パートさんにお渡しします。
農ファションように集めていましたが、エスニック衣料では大変お世話になった国の被災した仲間達のテントや日用品の足しになるように販売しています。8月に現地に届けますのでご協力お願いします。
ワークパンツと一緒に同梱もできますよ❤️

  1. 2015/05/19(火) 20:17:08|
  2. 農ファッション

ネパールおしごと再生ワッペン募金始動!

ネパールおしごと再生募金

少しでも多くの資金を集めるため、
アトリエにしまってあったアイロン刺繍ワッペンを募金品として売る事にしました。
1袋350円(封筒による送料込)です。かなりお買い得です!
柄や大きさ色はお任せです。日々コツコツと袋つめしています。

切手代を引いた代金の全額がおしごと再生募金になります。
数個をまとめてご注文いただけると浮いた切手代も募金に追加されます。
A-rueで販売中の商品との同梱も可能です。

ネパールのお友達や知り合いにメール、電話、SNSで連絡をとりあっています。
カトマンズ近郊では個人で探してもテントがない。どこにもない。
緊急支援に関しては政府を通した支援は支援品を一度集めて分配するようで、なかなか届いていない様です。

テントがない、どこで配布しているの、どこで購入できるの?と
皆様探しています。ビニールシートテント生活をしている方の環境は変化なし。
テントがある人はほんの一部の方です。

現在集めている募金も3ヶ月後にどの位のテントや物資が支給されるかによって、
使い方や支援物資の買物方法も変わってきます。
ギリギリまで出来るだけ多くの情報と資金を集めて届けたいと思っています

今日はビニールテント生活している友人に電話したのですが元気がなく心配になりました。余震つづきて壁のない屋外生活と支援の見通しがつかない現状。
かなり疲れている様子。
今まで一緒に仕事していた時もこんなに疲れた声はきいた事がない。。。

私が行けるのは8月中旬です。なんとか頑張れ。8月にできるだけの事はするから。待ってて!と励ましながら電話を切りました。
まだ個人の支援という時期ではなくNGOや政府の支援物資輸送が優先です。

このままだと3ヶ月後にもテントが必要なんじゃないか?と不安になってきます。
それまで彼らの体力や精神力が持つか心配。

そんな訳で、どなかた買ってくださ〜い。

テーマ:生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2015/05/18(月) 00:13:31|
  2. ネパール大地震お仕事支援

ワークパンツL丈はこんな感じです

ワークパンツのお客様モデル

こちらはL丈着用です。身長174cm
着用品番
http://a-rue.jp/item/ap007.html

wp1men.jpg



こちらはL丈着用です。身長178cm
着用品番
http://a-rue.jp/item/ap006-soft.html

176cm L丈着用

こちらはL丈着用です。身長178cm
着用品番
http://a-rue.jp/item/ap006-soft.html

176cm L丈着用

作業服としてお使いいただく場合、すその巻き込み事故を防ぐため、ブーツ内に入れる事になると思いますが、外に出した場合はこのようになります。
ご参考にどうぞ

  1. 2015/05/12(火) 01:04:34|
  2. 農ファッション

ネパール被災者に義援金をとどけたい

ネパール復興支援


2015年4月25日に発生したネパール大地震の義援金を募集しています。
A-rueの支援先について発信できるサイトをつくりました。

支援金寄付の口座はエコロジーオンラインさんに協力していただき作りました。
寄付先はこちらに記載しております



この他にも寄付金方法を準備中です。

A-rueのオンラインショップで買物で支援、募金品購入で支援、等
日本のアトリエにある一部の商品を全額募金品として準備中でございます。
もう少々おまちください。


evfs-staff2.jpg

A-rueではお世話になっている工場で働く人達とその村に直接届ける義援金を集めています。
支援先は色々あるかと思いますが、今後被災者が自力で元の生活に戻るには仕事の確保が重要です。
その為に、早く働ける環境をとりもどす為の義援金を募集する事にしました。


2015年の8月中旬〜9月上旬までネパールに行く航空券は震災前に予約してあり、現地の受け入れが可能な場合は8月に被災した皆様の役にたつように直接お渡しします。

支援金の使いかたについては、テントやエネルギー関係、住居支援、等を考えておりますが、
2015年8月の時点で何が必要なのか現場のネパール人と相談しながら使いたいと思います。

evfs-staff.jpg


日本から何かもって行ってと言われることもあるのですが、私一人で運べる量には限界があります。
ネパールで購入できるモノに関しては、ネパールでお金を使ったほうが復興に役立つと思っていますので現地調達の予定です。


A-ureの手編みぼうしやエスニック衣料品は日本デザイン、ネパールでつくられています。
農ファッションは日本の茨城県城里町でつくっていますが、ワークウエアーに使用しているボタンはネパールでつくられた手作りボタンを使用しております。

A-rueのロゴは日本の国旗とネパールの国旗からイメージしてデザインしたものです。私が服作りを始めた1999年、日本ではスタートさせる資金もなく相手にしてくれる工場もなく、図面を持って海外に渡りました。
その時に出会ったのがネパールの人たちです。

ネパール滞在中に出会った人や、お世話になっている方たちの住む多くの家が倒壊し今後生活を立て直すための支援をいたします。

突然、つながっていた人を失った方、住んでいた家や場所を離れる事になった方、
まだ日々の暮らしの事しか考えられないとは思いますが、

3.11震災時に私も経験した事ですが1ヶ月〜2ヶ月がすぎる頃、自分の状況や立場が理解でき今後の事を考える心の余裕ができました。私はその時に仕事がある事で不安が解消されたし救われました。

帽子やエスニック衣料品を作っているネパールの工場の皆さんとは15年くらいのお付き合いになります。
私のオーダーは微々たるものですが、家族のようなお付き合いでこの4年間は年に1ヶ月ほどネパールの工場社長の家と工場に寝泊まりしてネパールの皆さんと過ごしております。

パタンの帽子工場は幸い残っていますし、海外からの注文も入っているそうです。
でも従業員が働きにこられる状態ではないのです(2015年5月8日現在)

皆さん親戚の家や、村の家族と合流したり、避難所さがしたり、自力で作ったテントで生活している方もいます。帽子工場の社長さんも従業員のケアに奮闘しています。

私がこの工場(帽子工場)の人達とゴルカの村(カーゴオフォスとエスニック服を作っていくれた工場の出身地)を支援したいと思った事には理由があります。

これから住居が確保できた後の彼らの生活。
なるべく早く今まで通りの生活に戻るにはお金を得られる場所を残さなければならないのです。
その為に工場も従業員も必死です。まず多くの従業員が働ける環境をえる為に何ができるのか?

働けなかった時間の給料はありません。
工場もモノがつくれなければ入金が遅れるし工場も従業員も守れません。
帽子工場は大口の顧客の仕事をこなす事によって従業員の給料を維持していました。
工場が維持できない場合、彼ら自身仕事 = 稼ぐ場所を失うことになります。

多くの人が観光ビジネスに携わっているネパール。
特にカトマンズ等の観光地は男性はガイドだったり、ホテルやレストラン、観光客相手の仕事が多い。

女性は家事をこなしながら編物やフエルト小物をつくりお金を得るために働いています。
工場というとミシンがならんだ近代的なイメージがあるかもしれませんが、
工場=打ち合わせの場所です

たとえば、A-rueの手編み帽子の場合
帽子のデザイン画と図面を持って工場に行きます。
各村のグループリーダー(担当者)が工場にやってきます。
編物はほとんど村に住む女性達の内職、または本職です。

工場ではリーダー図面や指示書をみせて、まずサンプルを作ります。
これはリーダーが家に戻って編んで出来上がったらサンプルを工場に持ってきます。

修正等があれば、工場で解いて完璧なサンプルに仕上げます
サンプルができたら糸を染めなければなりません。
工場のスタッフが工場の糸置き場から糸を染め工場に運んだり、付属品や毛糸を揃えます。

全部そろった時、村のリーダーが担当分の毛糸を村に持ちかえります。

ここから電話でやりとりしながら製作をすすめ確実な予定の納品日に出来上がる様に交渉します。

グループの担当商品が出来上がったら村のリーダーが工場に帽子を運んできます。

工場ではサイズのチェック。工場で作り直せるものはその場で一部編みなおして対応。
その後は、はみ出し他毛糸の処理、飾りつけ、裏地付け、ごみ取り、ラベル、タグつけ、個別包装、輸出のための書類書き、梱包まで工場にいる従業員が担当します。

編物担当者の多くは自宅で編み物をして、通える人は工場にやってきて皆んなで作ります。
フェルト小物は工場にくる必要がありますので通勤してきます。

工場に通うレギュラー社員は約250人
この他に村や家で物作りをするパートさん達がいます。

工場で働く多くの従業員のアパートメントが倒壊したため、出身地の村が無事な方は実家に戻っている状態です。現在仕事が確保できても工場に通えない状態です。

村には多くの仕事はありません。少しでも早くカトマンズ近郊におちつける家が確保でき、皆んなが元のように働ける様に現地のネパール人も努力しています。
これから自立できるまで長い支援が必要となります。彼らの支えになる使いたができればと思います。

震災の支援先は沢山あります。どんな機関でもネパールの人のためになるなら応援してほしい。
多くの支援先の中から、ここに支援しても良いと思われる方がおりましたらご協力いただけたら助かります。

建物の撤去や再建築には相当な時間を費やすことになると思っています。
その間に働く場所を守れるように協力したいと思っています。

個人での義援金集めにも限界があり、NPOのエコロジーオンラインさんに相談したところご協力いただける事になりました。
エコロジーオンラインさんの今までの活動はこちらのサイトでもご覧いただけます。

募金用の口座もエコロジーオンラインさんが用意してくださいました。


寄付・会費振込先
ジャパンネット銀行 本店営業部(001)普通1195176 
トクヒ)エコロジ−オンライン

郵便振替口座 00140-6-190115
エコロジ−オンライン


続きを読む

テーマ:大切なこと - ジャンル:ライフ

  1. 2015/05/11(月) 00:10:43|
  2. ネパール大地震お仕事支援