農ファッションが2013年度グッドデザイン賞を受賞

このたびA-rueの 作業用帽子(ズッキン)• ワンショルダーエプロン • ワークパンツ の
3点が2013年度 グッドデザイン賞 ( 主催:公益財団法人日本デザイン振興会 )を受賞しました。

A-rueのロハス&農ファッションは年齢層や男女差を問わずお洒落に作業を楽しむ製品として
商品開発に取り組みました。

今回の受賞を契機に、A-rue. ロハス&農ファッションのいっそうの拡販をめざすとともに、
デザイン及び機能性を重視した製品開発を推進することで、市場におけるブランドイメージの向上に務めてまいります。

こちらの3点です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



日除け帽子 グッドデザイン賞2013 受賞

製品名称:作業用帽子 • ズッキン

;審査員コメント
強い日差しのもとでおこなう作業全般に有効と思われるデザイン提案。細部にまで配慮が行き届いた確かな縫製手法は、機能性を追求した開発者の姿勢を反映している。今後、新たなプロダクトの出現を予感させ、今後の展開に期待したい。

こちらよりご注文頂けます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アシメトリーエプロン グッドデザイン賞2013 受賞


製品名称:ワンショルダーエプロン

審査員コメント
農作業のための作業着の新たな提案だが、あらゆるシーンに対応できる汎用性のあるシンプルなデザインが魅力的である。機能重視のエプロンながらも、ファッション性のあるデザインを成立させている。

コチラよりご注文頂けます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ワークパンツ グッドデザイン賞2013 受賞


製品名称:ワークパンツ

審査員コメント
衣服デザインと仕事との関わりに想いが及ぶ、提案性のあるプロジェクト。農業に着目し、国内外の作業服を調査研究し、独自の衣服提案をおこなった点は見事。また、素材、色彩には伝統的な知恵、手法を丁寧に取り入れ、独自のフォルムと機能をファッショナブルに仕上げており、今後の発展性にも期待が持てる仕上がりである。


こちらよりご注文頂けます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はグッドデザイン賞を頂き光栄です
私がロハス&農ファッションのデザインを始めたのは東京から茨城県に移住し、町内(茨城県:城里町)の生産者から農作物を購入するようになったのがキッカケです。交流の中で農家の奥様のツブヤキをカタチにする事からスタートしました

以前は縫製工場も周りに多くありましたが今では閉鎖されて残っている工場が少ない。今残さないと日本の工場も消えてしまいます。地域にある技術をつかってデザイン、生産、販売、する事。価格競争ではなく、長く大切に使って頂ける物づくりを心がけております。
地元生産する事により輸送コストも下げられるし、町のなかで産業がうまれる。
まだまだ始めたばかりですが、大きく育てたいと思います。
  1. 2013/10/16(水) 18:47:35|
  2. お知らせ Information
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自家用ニンニク栽培やってみました

食べ物を自分で育てるのが楽しい。
基本的に田舎暮らしを始めてからは町内や近隣の生産者さんから購入している。
こんな風に地元で調達できるっていうのは田舎の強みだと思う。

週に一度は平飼いタマゴを買いにいって、お天気がよければ磯野ブルーベリー園さんに遊びにいっております。
ニンニクを育てたいな〜と思っていて花壇やプランターでやってみたけど難しい。
畑でやったらどんな風に育つのか?と思いまして、磯野ブルーベリー園さんの畑に植えていいですか?とニンニクの種をもって行ってきました。

農家さんはそれぞれ育てる専門分野があるので分野が違いますが挑戦。
ni1.jpg


石灰を蒔いて耕します。
100粒くらいだったので人力で耕して埋めちゃえばいいかな?みたいな感じで行ったのですが、耕耘機で出動(汗)


ni2.jpg


私が気になっていた青パパイア畑のとなりにスペースをいただきました。


ni3.jpg



数がすくないので5mもいらないかな?と思いつつ、他にも植えたいモノがあればどうぞ〜という事で続行



ni4.jpg


ニンニクは肥料を多く必要とするのと今回は2人とも初挑戦なので化学肥料を少し使う事になりました。


ni5.jpg

マルチを張ってから穴を開けて植えていきます

ni6_2.jpg



全部植えたら軽く土をかけて終了。これで風でも飛ばないかな?

収穫は来年の6月。ちょうどブルーベリー園の開園前に収穫なのでタイミングも良いのです。
できたら山分けですね(笑)と豊作を祈って終了。


その後は、本業のブルーベリー園の見学



ni7.jpg


写真のつきあたりの杉林のところまでブルーベリーなんですよ。
コツコツと苗を植えて何年も育てて美味しい実がとれる様になる。


私も日々コツコツと継続してユックリでもグレードアップした物作りをしたい。
悩んだら続ける。試す。こんな繰り返しです。

農ファッションデザインを始めたもの食料調達の為に知りあった農家さんの言葉から始めたことだけど、田舎にいるから出来る事でもあります。

こんな関わりの中で色んなデザインをしております。
お互いできる事をシェアーしたり交換したりで磯野ブルーベリー園のウェブも作りました。
興味があるかたはチェックしてくださね。



関連リンク

磯野ブルーベリー園(茨城県:城里町磯野)

  1. 2013/10/14(月) 00:18:24|
  2. 農園見学&農作業体験

農ファッション(つづく農園さん)

茨城県常陸大宮市のつづく農園さんに行ってきました。

農ファッションのデザインを始めてから近隣の農家さんの見学にいったり、体験をさせて頂いたり、アドバイスを頂いたり、なるべく年間を通してお世話になった農家さんを紹介できるようにしたいと思っています。

ファッションからでも農や生産者に興味をもって欲しいと思うんです。

今日はサンプルやら新柄のアームカバーやエプロンをもって伺いました

tu1.jpg

ハウスの中は定植も終わって苗もこんな状態です。畝がキレイで見とれてしまいました。
この後の作業はマルチというビニールシートを株もとから畝をカバーしていくそうです。
tu2.jpg

畝と畝の間は大人がやっと立てるくらいの細さなんですよ。
A-rueのワークパンツやアームカバーを試して頂きながら見学しました。



tu3.jpg



作業によって動きも変わってくるので実際に作業中の動きを見せてもらうと勉強になります
イチゴも花芽が出て来て来月は花が咲き始め、12月からシーズンに突入です。

tu4.jpg


ハウスの外では来年に向けての親株栽培の為の畑作りです。
マルチを貼ってました


実がなるまでに色んな作業があってやっと収穫できる



tu6.jpg


天候によって作業も左右されるし、忙しいんだけどキラキラしてる農家さんを見ていると栽培が大好きで作物に愛情を注ぎ込んでるのが伝わってきます。




tu7.jpg


農ファッションを始めたきっかけは私が野菜を購入している農家さんのツブヤキからだったけど、大震災の時は農家さん達に大変お世話になったし、食物を作るという事の強さを知った。


ファッションを通じて自分たちの出来る事で繋がるスタイルもアリだと思う。
まず興味をもって貰う事がスタートだって感じます。

こうやって農園を回っているとアイデアも湧いてくるし、こんなの使ってもらいたいとも思ったり、
異業種だけど作る作業は同じで通じ合うモノがある。刺激になります。

前向きにコツコツがんばろうと思います


撮影協力
つづく農園(茨城県常陸大宮市)

 
  1. 2013/10/07(月) 00:21:49|
  2. 農園見学&農作業体験
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0