力関係

今年から帽子制作だけに専念できるようになったので、今まで以上に工場の人達と過ごす時間が増えた。



A-rueはこの10年間決まったメンバーだけに担当してもらっている
だから量は沢山できないけど確実に質を上げる事はできたと思っている。



数が増えれば増えるだけ人を育てる必要があるから時間もかかるし、理解しあえるまで何か起こるとストレスは増す。



今回は今まで中心になってやってくれたリーダーが妊娠中なので、もう1人新しいリーダーを私につけてくれた。2チームで制作しています



毎日工場に一緒にいるのでスタートはいい感じです。



ここにいると他の会社で働くネパール人スタッフがやってくる。



主に検品や出荷に関する仕事なんだけど、習慣とか求める完成度の価値観の違いで戸惑っていたり、かなりストレスを抱えていたりする。眠れないと訴える人もいた。



この国にいてこの国の習慣や考え方を理解していれば分かり合える事でも、自分の国のシステムや方法を一方的に押し付けると歪みが出てくるものだ。


これは雇う人、雇われる人の力関係があるし、それぞれ国や会社のやり方があるから私は何も言えないけど、両方の立場が分かるだけに話をきいてこうしたらどうですか?ボスに訊いてみたら?っていうアドバイスしかできない。


A-rueをスタートさせた当初は私も強引に動いた事もあったけど、今になってみるとあの方法は間違っていたな〜と感じる。



質を上げる為には人間関係も動きやすい環境も必要だ。
仕事だからプライベートと仕事の線をひけるような付き合いをしなくちゃならない。





毎日毎日、色んな事が起こるけど想定内の事が増えてきてから怒らなくなった。



最近は穏やかな制作現場になってます。

  1. 2010/07/30(金) 13:34:57|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

増量中

2010年7月29日  ネパール


排気ガスにやられたのか風邪気味なのか?


喉が痛い


無理すると寝込んじゃうので今週は街にでないで工場でノンビリ過ごす事にした。


 


秋冬物は動き出したので来年の春夏物のデザインは工場でノンビリやっている。


 


先週はクラクラする日が多くて滞在先の家族に心配をかけてしまった。


あなたは体重を増やさないと駄目だ!


血圧が上がるから豆スープを沢山飲みなさい。


お皿の上にも色んなモノを乗せてくるので残しちゃいけない!と頑張って食べていたら


なんと。。。。2週間で2キロ太りました。


お腹回りがポッコリ。。。。

毎日ダルバートを食べているとおヘソの下から太ってきます。


 


残り4週間で4キロアップしたら日本で動けなくなりそうなのでネパール茶を飲む回数を減らしている。


 


今日も朝はクラクラしたけど先週ほどではないし、どうやら雨がふる直前とか雲が下がってくると足が浮腫むので天気が関係しているらしい。


 


来週からはヨガに通いたいと思っているのでヨガ授業のノートを書きなおして復讐。


日中はパソコンでできる仕事をした。


服を作らないとこんなに睡眠時間が増えるんですね。ストレスがかなり減った。


今回は帽子制作だけ集中していればいので体は凄く楽になりました。


 


作っているものは9月中旬に発表できるように作業中です。


web制作も合間にこちらでボチボチやろう。


 


ネパールは湿度が低いので過ごしやすい。

30度超えても扇風機無しで過ごせるくらいです。


 


 


 


 


 

  1. 2010/07/30(金) 12:33:07|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェンネル

フェンネル(セリ科)
ネパール人は色んなハーブを摂り入れてます。

朝オフィスに行くとテーブルの上にフェンネルと砂糖の粒の混じったお皿が置いてあった。
フェンネル



白いツブツブはお砂糖



フェンネルはネパール語でソフ
ショフというそうだ。
胃腸の消化を助ける働けるハーブなので私も1日中食べてました。&

フェンネル


ネパール人も大好きなこのハーブ



机の横を通る人が摘まんでパクパク食べていたらお仕事終了時間にはこのボリュームになってました。
フェンネル



4分の1位。。。


明日の昼には無くなっているだろう。

フェンネルの種は炒って食べると香りも良く更に美味しくなるそうです。
実際に食べてみると口の中がサッパリしてクセになります。
  1. 2010/07/29(木) 20:42:55|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールの野菜

2010年7月27日  
ネパール の野菜や果物
ネパールにやってきて約2週間
素材探しやサンプル修正であっという間に時間が過ぎていく。
ネパール野菜

ネパール野菜

ネパールは四季も日本に似ていて野菜は日本でも手に入る野菜が多い


ネパール野菜


スパイスが入手できたらネパールカレーは出来るので時間ができたらお料理も教えてもらう予定です。

既に数点教えてもらったので帰国したらレシピページでも作ろうと思っています。
ネパール野菜



ネパールでは朝夕に路上にマルシェが並ぶ場所があります。


もちろん日中にお店では売っていますがマルシェは気分的なのかもしれませんが新鮮な感じがします
ネパール野菜


野菜もグラム売りしてくれるので無駄なく使えるし陳列するのに過剰包装もないのは良い事だな〜
ネパール野菜


街に出るとシバ君の店に寄ってジュースやフルーツを食べ、滞在先にフルーツを大量に持って帰るのが日課です


お店に行くとフルーツ問屋での果物の選び方や、経営方法、店の方針、色々と語ってくれます。


フルーツ屋さんも自転車を使ったお店、路上で店開きのお店、色々と販売スタイルがありますが、テナント経営というプライドとリスクを含め質の良いフ
ルーツをそれなりの価格で売りたいそうだ。


確かに買って食べていると質はすごく良い。滞在先の家族にもコレは良いマンゴーだよ〜パパイヤだよ〜と喜んでもらえます。


シヴァくんにも感想をお知らせすると嬉しそうでした。

良いフルーツが入ったらさ〜姉さんに電話するよ!
営業までするくらいになりました。


頑張れシバ君〜〜ローカルサウジ(オーナー)の星になってください。
姉さんの滞在中は買い支えます。

ちなみにシヴァ君の果物屋はタメルに近いナヤバザール(メディカルチョーク)にあります。フレッシュジュースやラッシーを飲みたい人はビビるかもしれませ
んが、フルーツならツーリストでも購入しやすいと思います。
  1. 2010/07/28(水) 14:42:56|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

糸問屋へ

2010年7月27日  ネパール


今日は糸を探しにいく事になった。

リサイクルシルクの糸は質も値段によって色々なんですがポリエステル系の糸混ぜでリサイクルシルクとして売ってる事もあるので100%シルクを探しに行った。




Silk











リサイクルシルクだけに色の混ざり方が色々で気に入った配色を使いたい場合は自分で買いにいったほうが早い。




今までは工場ののストック場から選んでいたけど最近は使う糸だけキープして確実に在庫を減らしている様だ。






これだけ物価が高騰すると在庫の糸代だけでもかなりの金額になるから管理する専門のスタッフをつけてコントロールするようになっていた。


弟の様な存在と思っていたのに既に大きな会社の社長さんだ。


彼の経営努力が工場のあちらこちらで見える形になっている。




 


今日は元締めみたいな糸の問屋に連れってもらったので他の糸も見せてもらった。

シルクやヘンプといっても質の幅もかなりあり粗悪品は使いたくなので選んで抜き取ってきた。




上質のヘンプ布もあったので手織りの布をちょっと購入。



服には硬すぎるけどイベント出店時のデコレーションに使おう。




草木染めの布や糸もあったけどヘンプに関してはネパールでは色の入り方が安定しないし布に関してもムラが酷くて使えなかった。


 


今回も色んなモノの値段が上がってる。





半年で前年の20〜30%上がり続けていてシルク糸もとうとうA-RUEをスタートさせた時の3倍にまでなっ
た。



  私もスマートに経営できるようにもっと努力する必要がある。


大量生産が出来ないのでアイデアと質で勝負だな〜


 


デザインするのと経営するのとは別の頭の部分を使っているので時々考えこんじゃう事もあるんだけど日中は混乱するので夜に考えるようにしてます。


 


昨年から社長の家に寝泊りするようになった。




結婚式も還暦のお祝いも、会社のプジャも、滞在中にお祝い事があれば参加してる。


 


休みも工場のスタッフの家を行ったりきたりですが、やはり文化や考え方や習慣って随分ちがうもんだな〜って思います。




ネパールを最初に来たのは18年前。

仕事も絡んで訪れるようになったのは11年前から。




不思議な事に毎年毎年ネパール人の暮らしや考え方が変わって見えてくるんです。




文化や習慣が分かってくると対応も変わってくるし自分の理解力も変化する




私の体験している小さな世界



 




色んな事も起こるけど最後は気持ちって伝わるものだな〜と感じながら過ごしています。


 


ネパールビジネス。騙し騙され。泣き笑い。



 




日本も同じなんだろうけど私が見てる小さい世界の中でこんなに色んな事が起こるんだからネパ世界は興味深いけど時々怖くなります。


 


これからも交流しながら完成度を上げたいし、仕事としても共存したいし、友人としても共有する時間を大切にしたいと思います。


 


街に出たら素材探しもしていま〜す


 

  1. 2010/07/28(水) 14:32:03|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時々一番乗り

2010年7月26日  ネパール


今朝は体調も良く誰よりも早くオフィスへ行って気になっていた仕事を片付けた。


シルク糸を選ぼうと思ったら最近は在庫を置かないようにしているそうで明日スタッフと糸問屋に行く事になった。


問屋はタメル近辺に集中しているので帽子工場からはバイクで片道40分位かかるけどシヴァの店でフルーツも買いだめしたいので行くことにする。


やっと体もこの国に慣れてきたので来週からヨガも始めようと思う


午後からは今まで集めていた付属品の整理。


服は日本で作る事にしたので必要な物は送ることにする。


円高なのが有り難いです。


 


こちらでも練習したかったタブラ。


 



ホームステイ先には老人も小さい子供もいるので1ヶ月半お休み。


でも日本では続けるので練習用のタブラリズムボックスも探したい。


この機会に買物も沢山しちゃおう♪


 


ネパールでの制作に関しては周りの人に凄く恵まれてると思う。


信頼関係も続ける事によって強くなっていくし完成度も確実に上がっている


大変な事も多いけどデザインに集中できる時間がある。


1年分のデザインを仕上げないと帰国できない。

  1. 2010/07/27(火) 20:56:55|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニットで作業帽

8月下旬までネパール滞在です

エスニック部門の帽子を中心に作っているのですが、作業帽もこの技術を使ってできないかな〜

A-rueの農ファッション小物はデザインからスタートして機能面を高めたいと思っているので、楽しくてオシャレに見えて作業にも使えちゃう。っていうのが帽子のツバ部分のツナギがキレイに上がらないので試作品を繰り返し作っています。


ウールはまだストレッチ性があるので良いのですがコットンはサイズ設定が難しいですね。

作って試す

止まってる時間はないぞ〜 日々前進

  1. 2010/07/26(月) 16:05:40|
  2. 農ファッション
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

低血圧には豆スープと焼いたトマトが良い

2010年7月25日  ネパール


昨夜遊び過ぎたのか?


血圧が更に低くなったのか?


今朝はフラフラしてマトモに歩けなくて


午前中は起き上がれなかった。


 


ステイ先の次男の嫁さんが豆スープは血圧があがる効果があるからと言ってスープを作ってくれた。





焼いたトマトや炒めたトマトも血圧を上げる効果があると良いと言われているそうです。






今日は偏頭痛もするので薬を飲んで更に2時間寝ていたら動けるようになって工場へいったのが午後2時


 


メールチェックをして糸のチェックをしてツイッターで呟いて、


Mehendiを工場の皆に見せてから家に戻り、ステイ先の子供とちょっと遊んでまた寝てました。


 


夜も豆スープを飲んだほうがいい。もっと食べないと駄目だ。とか


お皿に色んなモノを乗せられて頑張って食べた


 


これで明日の血圧は90以上になるはず。


もとから低いので90あれば普通あるけるから今日は90無かったんだと思う


疲れも出ているのかな?


毎日8〜9時間寝ているネパール生活



工場に住んでいると通勤時間がかからないのがヨロシイ









  1. 2010/07/26(月) 12:25:59|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパール女性のオシャレMehendi

2010年7月24日  ネパール 


 



国によって色んなオシャレがある。


今月はネパールのサウンというネパールの年の最初の年で


サウン月に月曜日が5回入る年でもあるそうです。


これは数年に一度あるそうなんですが、月曜日はshiva神の曜日で月曜にシバ神の祭ってある寺院に女性はお参りにいくそうだ。


 


旦那さんの健康や家族が幸せに過ごせるように行くそうです。


 


Mehendiraju
サウン月にかかせないネパール女性のオシャレはヘナで描く手のひらアートMehendi










工場でもサウン月に入ってから女の子達の手のひらには色々な絵柄が描かれてます。



Mhendi1






私もやってみたい!という事で工場で絵が上手な男の子がいるので描いてもらいました。






 






今までは自分でヘナを練っていたんだけど最近はコーンに入った状態で売られているので皆さんお手軽なコーンを買ってます。







ちなみに私の使ったのはピ
ンクのやつで10Rs。


 


やってみましたよ






Mhendi2



まずmehendiオイルというのもあるので最初にオイルを手のひらに薄く伸ばしながら塗ります。


 




その後にコーンの先をカットして絞りだしながら描いていきます。


 


Mhendi3





両手に描きますよ!と最初はロータス柄の部分から描き始めたR君。


 




次に魚を描いてくれました。



指を動かすと魚の尾も動きます


 


Mhendi4
仕上がった柄はペイズリーとお魚とお花の模様


 








Mhendi5



この後、20分位して少しヘナが乾いてきた頃にレモン汁に砂糖を溶いた液をコットンに湿らせてラインの部分に乗せていきます。


 


そして一晩そのままにして次の日にヘナを落とすとオレンジ色になってました。



Mhendi6


 


 








その翌日はさらに色が濃くなっていた。


 


Mhendi7





色が濃いほど愛されていて幸せになれるそうで


 


 


発色が濃くでるとネパール人に


ウワーこんな濃くなってキレイ〜いいわね〜って言われます。


 


幸せになれるそうで有り難いです。


 


このmehendiは2週間位で消えるそうですが暫く楽しめそうです。


 


初日に顔を洗おうとしてビックリしますが楽しい気分にもされられるオシャレです







 




 


 


 


 

  1. 2010/07/26(月) 12:21:44|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネパールのある土曜日

2010年7月23日  ネパール   土曜日


土曜日はネパールの休日




ネパール人の会社は土曜日はだいたいお休み。



1週間に一度のお休みが普通なんだそうです。




日本の会社では週休二日位が普通かな〜というと羨ましいと言いますが、彼らにはこの休みの他に大型連休のダサインやティハール。


 


この他にも民族ごとに色んなお祭りもあるし合計したら日本より絶対休みは多いと思います。


 


休みの日は工場の女の子達と遊ぶ様にしています。


 


毎回招待してくれるので仲の良い妹みたいな子の家庭のご両親やら兄弟まで家族構成も分かってきました



 




お肉やお魚は高価なのに毎回美味しいネパール料理を作ってくれます。


 


ネワール族は食べるのが大好き。


Binaspecaldal



1日中親しい友達どうし家を行き来して食べたりTVを見たり女性ならではの会話をして過ごしている。






こんなに食べ続けるのか?という位、妹達は食べている。





そして笑っておシャベりしたり友人の持ってるアクセサリーを交換したり、ネイルや髪型を変えてみたり賑やかです



 




今日はスタッフのお姉さんの家に招待されました。



 




彼女は料理が上手。


美容室をやってるけどレストランでも開いたらいいんじゃないか?と思うくらいです。


 



マシュルームのマサラ炒め。
野菜カレー。
肉入りカレー。
豆のスープ。
お魚のマサラフライ
コリアンダー入りのアチャール。



今回は凄い豪華なダルバートになってました。




食べ方は豆のスープをご飯にかけて汁を含ませた米を捏ねる様にして頂きます。




私は手の使い方が下手で汁が多くなると食べにくくなるのでスプーンを使ってます。


 


普段のダルバートは豆のスープと野菜のカレー。野菜炒め。アチャール。時々、肉のがちょっと付く位です。




Microbus





ここで一軒目訪問終了。







 





Micro2











お昼ごはんを済ませて次の家へ移動です。




マイクロで移動しました。


次のお宅では。。。。



 





チキンチリ(日本の酢豚みたいなやつ)と
魚のフライ。
水牛の肉のモモ。
スープ。更に
エビセンやら
ファンタやコーラまで出されてひたすら食べました。 




 


Pasyu1
そして夕方5時半を過ぎた頃にヒンズー教徒の聖地



 











パシュパティナートへお参りに行くぞ〜!!って事になり連れていかれました。


 


Psh2



徒歩でいける距離だったので参道をゾロゾロと、、、








迷子にならないように手をつないてもらって寺院へ


 




Pasu3
私は仏教徒なので入ってはいけない所は言って下さい。と伝えておいたのですが火葬場の脇を通って寺院入口でプジャに参加しました。






暗くなる前にプジャをまつ人がこんなに沢山。






目の前では最後のお別れをした人達が火葬されていて、


最後の瞬間が近い人が担架に乗せられて寺院に運ばれてくる。





Pasu5


川の水で顔を洗う人もいる。




お賽銭も上から降ってくるので拾い集める子供もいる









暗くなった頃にプジャが始まりタブラやエスラージやオルガンの音に合わせて儀式が進んでいくのですが踊り始める人も多く軽いトランス状態





 



Pasyu7


 


皆で手拍子しながらシヴァ神にお祈りしました。


 


プジャが終わったのは8時過ぎ。


何とかとステイ先の姉さんと家に戻ったのが9時前でした。


 


この国にいると生と死が身近にあるし全てをみる事にもなる。


 


肉屋の前にはヤギが繋がれているし必要な時に肉になる。


行きに繋がれれいたヤギは帰りには解体されているし


力尽きた犬も道路で死んでる


人も亡くなれば燃えて灰になってガンガーに戻る。


 


日本は便利になったせいで見なくちゃいけない物や事を隠されてしまったのかな〜って思います


 


生きる事への執着やら今を受け入れて生きること。


皆、体験する事だけど体は単なる器なんだろう。


そんな事を考えてプジャパワーを体感した土曜日でした



  1. 2010/07/26(月) 12:12:15|
  2. ネパールライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ