ネパールにワッペン売り上げを届ける

2015年のネパール大地震の4ヶ月後に一度ネパールに義援金を届けました。

ネパール地震の支援の様子はこちらのカテゴリーをご覧ください。

ネパール地震から2年弱。
帽子工場には海外顧客からの義援金も集まり、112世帯の皆様にいろんな支援が行われております。
A-rueの集めたお金も加えていただき、100%が家をなくしたスタッフのために使われております。

もう1つの支援先がゴルカ郡にあるシバ君の出身地の村です。
2015年の支援報告がこちら

あれからワッペンをネットで売り続け、約1年間で21000ルピーになりました。(二万二千円くらい)
送料も含め、お客様に購入していただた金額全額分です。

ネパール大地震後も海外でも日本でも大きな地震が続き、支援金ワッペンの売り上げは伸びなかったけど、少しでもセメント代の足しにはなるかな?

シバ君が家の再建のために、海外に出稼ぎに出て1年が過ぎました。
私の渡航中に10日間お休みをもらったそうでカトマンズで会うことができました。

一緒に山に行こうと寝袋も持参したのですが彼の休みが短いこともあり、次回村に帰る時にと嫁に預けたのですがシバ君が2日かけて届けに行ったらしい。高齢の父親も村に残っているので会いに行ったそうだ。

村の方はどうなってるのか?というと
ゴルカの村

家を作り始めようとしている家族2軒。

とちあえず基礎の穴掘り1軒。
コンクリート基礎までやった家が1軒です。

家に住めなくなった家族には政府から3000ドルの資金が配られることになり、配布されつつあるらしい。
でもルールがあって、鉄骨入りの家を建てなければ政府から支援金がもらえない。

新しく建てる家には建築基準のルールも決まっていて、

穴掘ってチェック
コンクリート流してチェック
etc,,,,

こんな感じで役人のチェックを受けたら少しづつ分割して払ってもらえるそうです。
でも3000ドルで家が建つことはなく、皆さんお金の調達ができたら材料を買い少しづつ義援金を足して建築していくそうです。

なので足りない人は基礎だけで放置とか、柱までできました、壁は材料を買うお金が用意できたらという流れだそうです。

それと問題なのが物価が高騰していて材料が高くなっていること、
他にも建築ラッシュになり、建築労働者が不足していて村の家を建てる人がいないんだそうです。

給料が良い都会の家の建築現場に働きに行くので、村で家を建てるとしても職人さん待ち。
これは、、、、、何年経ったら仮設住宅から抜け出せるんだろう?

まだ2件しか基礎工事が出来ない理由は職人がいないのが大きな理由だそうです。
お金があれば呼べるけど、都会ほどの高給は出せないので村が後回しになるらしい

若くて海外に行ける子供は出稼ぎに出たそうだ。
現実的に考えても支援の集まらない小さな村では、
基礎までできても柱、壁、屋根なんかつかない、、、、、。

それでも助け合って村の人たちは暮らしているようです。
話を聞いていると暗い感じはしなくて、現実を受け止め今を生きてます。

シバ君も以前より痩せていました。お仕事がハードなんだそうです。

彼と仕事をしていた時、
私が『ネパールで私はよく眠れるの。日本ではこんなに眠れない。睡眠が必要だ』
8〜10時間くらい寝ていたのが今なら理解できる!!!と言ってました。

まあ痩せて健康的になったように感じるし、ハンサムになった。
シバ君家族のアパートに行ってダルバートを食べること2回。

嫁も子供たちも嬉しそうだった。
韓国に出稼ぎに行って箸の使い方を覚えたと見せてくれました。

shiva.jpg


韓国では外国人5人の寮に住んでいて、こうやってオカズを作ってみんなで食べているそうです。
好きなものを必要な分だけ皿にとる文化が新鮮で無駄がなくて良い!

ということでこんなランチになりました。

奥さんの作るダルバートは美味しい。
子供たちも嬉しそうだった。父親は海外にいても今はインターネットがある!
毎晩ビデオ通話してるらしい。

だから仕事はキツクでも耐えられるし、慣れてきたそうです。
目標は出稼ぎ5年目に家を建てる!
そして残り4年はネパールに帰国した時に自営したいので貯金するそうです。

最低4年は決められたお仕事だけど、毎年給料も上がり休みももらえる良い会社に選ばれたらしい。
繊維を作る小さな工場らしいが、雇用がしっかりしていて安心した。

これからもお互いにタイミングが合えばネパールで合流しよう!と話し合ってきました。
頑張って家を再建して欲しいです。


以上、昨年1年にワッペンを買ってくださった皆様、
お金の使い道のご報告でした。








  1. 2017/02/17(金) 21:48:56|
  2. ネパール大地震お仕事支援

ネパール大地震からもうすぐ1年。義援金の使い道

2015年のネパール大地震。4月25日で1年が経過します。
この1年の長くキツかったこと。
大地震の後には新憲法公布、インド国境での混乱も重なって物資の流通が止まっていて、
一般の人が購入できる価格の物資や生活用品が入り始めたのは2ヶ月位前からでしょうか、、

よく皆さん耐えてきた。政府はあてにせず自分たちで動く習慣がついているネパール人だから耐えられたのかもしれない。
私がお世話になってる帽子工場ではネワール人が多く、昔ながらの古い建造物に住む部族だったので、スタップの112世帯が全半壊という大きな被害が出ました。

取引先が多かったのと、社長の人柄のおかげもあって、世界中の取引先から義援金が集まり、追加支援もあり、家の再建のめどがたった人から義援金の配布を始めています。

今日も取引先のお客さんが工場に義援金を届けたようで配布の様子と報告写真が送られてきました。

ネパール大地震お仕事支援


帽子工場に集まった義援金の配布方法については過去のブログでもお知らせしておりますが、
100%被災者に届いていますよ。

仕事の合間に被災した従業員を集めての打ち合わせは何度やっただろう。。。。

ネパール大地震お仕事支援

社長さんも仕事が終わってからの業務として義援金の集計、計画書、報告書と、被災従業員との話し合い。
どれだけ時間を使ったかわからないくらい頑張ってました。

ネパール大地震お仕事支援

送られてくる写真を全部載せることはできないけど、それぞれの引き渡しの様子を送ってくれました。
私もここ5年くらいは渡航時は工場に泊まっているので皆さん顔見知り。
みんな嬉しそう。そして元気そうで安心しました。

次はゴルカの農村の支援のためにワッペンを売ります。全額寄付でございます。
9月から今までに17000円になりました。
まとまったら送金もしくは次回の渡航時に届けたいと思います。

この1年のご報告はこちらのカテゴリにまとめてお知らせしています




テーマ:自然災害 - ジャンル:ライフ

  1. 2016/04/21(木) 23:40:11|
  2. ネパール大地震お仕事支援

ネパール大地震、義援金の使い方のご報告です。

A-rueでは取引先の一つである、ネパールの帽子工場への義援金を届けました。
帽子工場では世界各国の取引先、友人たちから、被災した従業員への寄付をお預かりしておりました。
何度も被災従業員を集め、集まっている義援金について、支援者からのリクエスト、被災者からのリクエスト、
それぞれ納得がいく配分方法を話し合いました。

もっと早く動きたかったのですが、9月からのインドのネパール国境の経済封鎖も重なり、
生活物資が国内に不足しており実行に移すのが難しく遅くなりましたが、
来週から家を失った従業員に対し配分をします。

彼らの工場へは彼らの取引先や友人から寄せられた義援金があります。
全てまとめ分配します。

A-RUEからは、帽子工場の被災者には皆さんから集めた義援金の約半分
140,000ルピー(約17万円)とランタン3台をこちらの工場へ8月に寄付しています


今までの支援方法については、こちらのカテゴリーにまとめてあります




帽子工場の社長さんからのメッセージです

私たちはネパール大地震で私たちに支援していた義援金の使い道について被災した従業員と最終打ち合わせをしました。

この会議以前にも義援金の配分方法やリクエストに応えるために、
定期的に被災した従業員たちとの話し合いを重ねておりました。
被災者がそれぞれ納得できる方法で現在実行に移しております。

今日は被災従業員の近況についてのご報告をしたいと思います。

<1>
現在住宅を作っている人:8世帯にはすでに支払っています。
これはそれぞれに配分された義援金に自己資金を用意し、再建まで実行できた
世帯数です。

<2>
私たちは住宅再建ため必要なレンガを150000個のレンガを注文しました。
(15万個のレンガのコストはUS$ 27000になりました)
これは大量注文により配給できるレンガのコストを下げ、多く配ることができるからです。支援側からのリクエストでもあります。今後、必要に応じた数を追加購入する予定です。

<3>
18世帯はすぐに家を建てることはできませんが、5〜7ヶ月後には工事にはいるので、その時点での支給します。

<4>
まだ家を再建できない多くの従業員がおります。
被災した従業員は政府かの支援を長い間待っていましたが、政府からの支援が今のところ何もありません。
再建に使うために配分された各世帯分の義援金、銀行書類等も用意していますが、
まだ家を建てることができない世帯が多く残されております。

すぐに資金を投入できない被災者には彼らが現金で購入しなくてはならないものを義援金で購入し配分しようと考えました。

どういう物を購入するのかというリストですが、被災従業員のリクエストを受けて
ガスストーブ、調理ガスセット、棚、椅子、テーブルなどの日用品、および子供達の教育に必要となる物を購入し配分します。

義援金を全て家を建てるために使って欲しいという支援側のリクエストもありますが、震災から8ヶ月間経過していること、それぞれの家庭の状況か違うため、被災従業員全員が家を建てることまではできません。

現在、今までの寄付していただいた義援金はこのような使い方を検討しております。
上記に関するご意見がありましたらお知らせください。
週明けには全て実行する予定です。
 
 


8月以降のワッペン募金及び寄付金は震源地に近いゴルカの農村の支援に使います。
引きつづきご支援宜しくお願いします。

ワッペンを購入して支援したい方はこちらから宜しくお願いします



  1. 2016/02/06(土) 20:48:38|
  2. ネパール大地震お仕事支援

ネパール大地震支援募金、その5:ゴルカの小さな村への支援

ネパール支援募金の使い道のご報告(その5)

8月中旬にネパールに渡航して義援金を3箇所に届けました。
その中の1つがゴルカにあるPandrung(グーグルマップでココです
ローカル名はギャンペシャルという村です。

ネパールお仕事再生募金に寄付してくださった皆さまありがとうございました。

全世帯分のソーラーランタンを運べなかったので、もっとも必要だと思われる家庭にランタンを渡してもらいました。
配布方法は村の方に決めてもらいました。

Pandrung ゴルカの村


みなさん嬉しそうです。
ネパールでは10月中旬からダサインというお正月みたいな大祭があり、
都会に住んでいるこの村出身の人たちが実家に戻り家族と過ごす習慣があります。
今日の写真はダサイン大祭にソーラーランタンを届けた時の写真です


Pandrung(ギャンペシャル村)には16世帯があり全ての住居が被災し住める状態ではなく
仮設住宅を自分達で作り現在も暮らしています。

ネパールPandrung (仮設住宅)



この村には8月中旬までに集まった義援金の中から
51000ネパールルピー(日本円で約6万円)日本で購入したソーラーランタン12台を届けました。

現金は仮設住宅パワーアップの為の資材を買いたかったのですが、
現在は村で得られる現金収入が絶たれている状況もあり、支援団体も入っていない事、村民からも食料を買いたいとリクエストがありましたので食費として16世帯に各配分しました。1家族約3800円程の支援になりました。
購入できる量も限られますが彼らにとって大きな支援となり喜んでいただけました。


Pandrung ゴルカの村

(今日のブログの写真は2015年10月下旬撮影した村の状況です)

これから壊れた家をどうやって修理するのか、、
家の再建に関しては今は考えられず今は放置状態だそうです。

ネパール大地震 Pandrung  2015秋の様子


Pandrung(ギャンペシャル)はカトマンズから約142km離れた山岳部にある小さな村です。
カトマンズからはローカルバス2回乗り継ぎ、それから徒歩で3時間ほど山を登るとPandrungにたどり着きます。
村には車の走れる道路が繋がっていなため、途中からは徒歩で村にいかなくてはなりません。



大地震の後に政府から家を無くし家族1世帯あたり15000ルピーの支給があり、震災直後に個人のボランティアの方が一度食料を援助してくださったようですが、その後に支援をえれらるところがなく皆さん途方にくれています。
政府から追加援助もあるという話でしたが最初の15000ルピー支援後この半年間何もないそうです。


自分達でできる事はやっていますが、山間部の貧しい村では村民自ら出来る事には限界があり、
仮設住宅を修理しながら住むしかない状況です。ここでは避難所みないた施設は存在しません。
この村だけではなく支援団体が入らない小さな村はどこもこんな状況だと思われます。

大地震から半年過ぎたPandrungの村の様子

ネパール大地震 Pandrung  2015秋の様子2


村では壊れた家の廃材や残った壁で仮設住宅を作り今はこのような簡易住宅を作りすんでいますが、
防水シートの劣化もあり、これから材料を買いたして仮設住宅を修理しながら暮らしていかなければなりません。
なんとか追加支援をできないかと考えてブログを書きました。

ネパールPandrung (仮設住宅3)


ネパールPandrung (仮設住宅2)


村の人たちの職業は農家で、収入源は野菜を売って現金を得ています。
(今の時期は野菜(トウモロコシや葉物の野菜)を育てています)
村では自然の山水をつかって作物を栽培していそうですが、地震後は山水の出が少なくなり栽培に必要な水が確保できず、今は自分たちで食べるだけの野菜とトウモロコシだけしか栽培できていないとの事でした。

村での現金収入が途絶えている状況でお金でかう必要があるものは、町で働きに出ている家族や親戚や友人からの仕送りで現在なんとかやっているそうです。町に出ている人たちも町で被災していたり、観光業に関わる人たちは仕事が減り苦労しているようです。


皆様にお願いがあります。再度義援金を集めたいと思っています。
今回の義援金は全てこの村に寄付します。

また現地で支援中の団体様でご支援いただける方をご存知の方がいらっしゃいましたら
シェアーまたはご紹介いただけないでしょうか?

直接現地の状況について話をしたいという方はご連絡いただけましたら、この村出身の友人シバ君(カトマンズ在住:英語可)の連絡先を教えます。直接連絡をとって頂くこと事も可能です。

募金についてはPandrung(ギャンペシャル村)にご支援いただける方は宜しくお願い致します。

募金していただいたお金はこの村の支援金とし、建築資材(トタン、セメント、レンガ等)の購入の為に使わせていただきます。




募金(寄付金)の振込先はこちらです

ジャパンネット銀行 : すずめ支店
店番号:002
普通口座:4526720 
口座名義 A-RUE (アリュ)


口座に寄付していただける方はこちらにお願いいたします。
お振込み名義の前にボキンと記載してください。





物を買って募金にまわしたいという方は
A-rueではネパール支援の為のアイロンワッペン販売しています。
前回に引き続きワッペン売上額の全てをこの村に寄付します。
こちらは送料込みで350円(378円:送料込)です。
代金先払いになります。お振込料はご負担お願いします。
ご入金確認後に普通郵便で出荷させていただきます。
郵送作業は私も業務終わってからの作業となりますが最短でお届けできるようにいたします。

ワッペン募金

アイロン接着できる刺繍ワッペンです。寄付を目的として捻出した商品なので柄は選べません。
柄はお任せください。多数お買い上げの方には色々な柄をミックスしてお届けします。



募金の状況はブログ内でご報告します。
ネパール大地震から7ヶ月が過ぎ、まだまだこのような状況です。
名前も知らない遠い小さな国の村とは思いますが、ネットを通じでご支援いただける皆様を探しています。
どうぞ宜しくお願いいたします。


 
  1. 2015/11/02(月) 22:56:41|
  2. ネパール大地震お仕事支援

ネパール大地震お仕事再生資金、その4 : ネパールのシヴァくんにテントを届けたの巻

2015年8月28日撮影(カトマンズ:ナヤバザール)
ネパール大地震から4ヶ月。
やっとリクエストのあったテントを届けることができました。

シヴァくん家族は雨季にヒビの入ったアパートに戻っています。
アパートの1階の壁に横に亀裂が走っているのですが即倒壊の危険性はないからという事で住民は部屋に戻ったそうだ。
ヒビ


まだ余震も続いており次に大きな地震がきて建物が危険だと思ったら即テント暮らしをすると言っている。

1ヶ月半前まで暮らしていた場所。ナヤバザールにある広場。
旅行者の多いタメル地区から徒歩で15-20分くらいの場所です。

テントを張る

僕たちここに避難していたの〜
この間までこの場所に後ろに写っているような竹とビニールシートで作った仮設テント暮らしをしていたそうだ。
今はこの場所で寝泊まりしている人はいません。
雨季にはいって村にもどったり、友人や親戚の家にいったり、ここにいた人たちは屋根のある場所を得たようです

s2_201509020553553e0.jpg

今は笑ってるけど、蚊と雨との戦いだったらしい

『次はテントがあるぞ!!』と持ってきたのはいいのですが、私も建てたことがない。
非常事態に取説なんて読む余裕はないので、一度同じ場所で組みた立ててみることにしました。

テントを張る

平らな場所ではないので凸凹してますがグランドシートを広げて大きさをチェック
次に使うことになっても同じ場所なのでしょうがない

s6_20150902055357572.jpg

取説みながら三人で組み立てていると近所の人屋上からみていたり、やってきたり、
あーだーこーだ言いながら組み立てる。 シヴァくん夫婦もうれしそう。
壁のないテント暮らしは相当きびしかったらしく、何より蚊がおおく虫よけクリームを塗って子供を蚊から守ったそうだ。

中に入って使い方もチェック!
テントを張る

子供のような笑顔のシヴァくん。(ポーズをとってくれたのはいいが、ワキが破れてる(笑)

s5_20150902055747d30.jpg

おおーーーーーっ、広い広い!これなら親戚も一緒に入れる。

s7_20150902055814913.jpg


設営中も蚊が大量に襲ってきたので即撤去。
間違えそうなところは写真をとって覚えてもらった。

s9_20150902060124200.jpg


『オッサンになって急に太ったから、あなたは大変そうにみえない!』というと笑っているシヴァくん。

今はテントと同じくらいの大きさのアパートの1部屋に家族四人で暮らしている。
午前中は語学の教師として授業をこなし、午後は携帯のリチャージカードを売って収入を得ています。

海外に出稼ぎにいきたいとのことですが順番待ちらしく
来年の2月までに渡航できなければ個人で語学学校を開いて先生をやりたいという夢もできました。

震災後に契約料が安い教師にしか生徒を回さなくなった学校で働いていて、
一度職を失ったようですが、生徒さんがシヴァ先生を教室に戻さないなら辞めるから授業料返して!!!
とストをおこしたそうで、現在は以前と同じ賃金で先生として働らいている。

shivaくんの村にも義援金とソーラーランタンを届けたいのですがバンダ(スト)が多く難しい。
さらに夜に大雨が降っていて山間部の移動が危険

10月上旬には乾季になるのでダサインという日本でいうとお正月みたいな連休に村に持っていくとのことでした。
今回もシヴァくんは何度もゴルカの村の山に届けるといったのですが、ストも多く余震もあり、大雨のための土砂崩れも発生しているためカトマンズに留まってもらいました。

シヴァくんの出身の村の家は全壊。
地震の時はお休みで子供も村にいっていたらしく、子供は怖くて家の中で動けなくなっていて親戚の人がひっぱりだした直後に家が崩れて危なかったそうです。

村の写真も今回撮影する予定だったのですが、ストと雨でいけなかったのでシバくんにカメラも寄付。
支援がほとんど入っていない村だそうで、現状を伝えないと私も募金を集めにくい。

1ヶ月ほど先になりますが、撮影後にシバくんにデータを送って何が必要かリストをだしてもらうことにしました。
今回寄付したお金は、村では食料をかう費用として無くなりそうです。

理由は村の16世帯が農家。
そして全壊。

倒壊した家の中にあった作物。
村の人は今までこれを売って収入を得ていたのですが、今年は埋まってしまい換金できないのです。
来年は現在育てている作物を売ることができるので収入を得ることができるのですが、
作物が育つまでの生活に困っているとのことでした。
シヴァの出身地はPandrung(グーグルマップでココです)ローカル名はギャンペシャルという名前だそうです。

村の家では政府から震災後に1世帯につき15000ルピー(約150ドル)を支給されたようですが、
その後はないそうです。

支援団体が多く入っている村では生活物資が豊かで、以前より豊かな生活をしていたり、
1家族で10キロという米の支援品も一人づつならんで別々に住んでいると申告し数十キロ持って帰る人もいるという。

自力で動ける人はたくましく働いていますが、ネパール人のなかでも『平等じゃないよな、、、、』という気持ちが心のどこかにあって、世間話をしていると色々な噂をきく。

支援品に頼るしかない人もいるし、ここが難しいところ

村も大変だけど、都会の中で暮らす被災者の今後もかなり深刻、、、

この部分は次のブログで
つづく、、、







  1. 2015/09/02(水) 06:58:51|
  2. ネパール大地震お仕事支援
次のページ